新刊ピックアップ

Windows Vistaマシンの自作に挑戦!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Windows Vistaが発売されて,数ヶ月が経ちました。Windows Vistaを快適に動かすには,高いスペックが要求されます。現在使っているWindows XPマシンで,Windows Vistaを使いたいという人も多いのではないでしょうか。Windows Vistaを快適に使いたいなら,Windows Vistaをインストールする前に,現在使っているPCのスペックを見直しましょう。

WindowsXPマシンでVistaを動かしたいならまずはメモリを増設

Windows XPは,1GBのメモリを搭載していれば,快適に動きます。しかし,Windows Vistaを快適に動かしたい場合は,メモリが1GBでは足りません。現在使っているPCに搭載されているメモリ容量を確認して,2GB以上に増設しましょう。最近は,メモリの価格も安くなってきているので,あまりお金をかけずに大きな効果が得られます。さらに,Aeroも使いたいなら,「DirectX9とPixelShader2.0」に対応したビデオカードも必要です。

しかし,メーカー製PCでは,メモリの増設やビデオカードの交換をすると,保証が受けられなくなったり,限界があります。そういった場合は,PCを買い換えるしかありません。

Windows Vistaマシンの自作に挑戦

現在,メーカー製のWindows VistaPCも続々発売されています。しかし,せっかくなのでこの機会にPCの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか。メーカー製PCも価格が下がったため,自作PCにコスト的なメリットはあまりありません。しかし,最新のパーツを組み合わせたり,音のしない静かなPCにしたりなど,自分の「こだわりのPC」が手に入ります。また,世界に1つしかない自分だけのPCを持つ満足感は計りしれません。

PCの自作は難しくありません。本書は,パーツの選び方や基本的な組み立て手順といった基本から,パーツの改造やオーバークロックといったテクニックまで,幅広く解説しています。もちろん,Windows Vistaにも対応しています。本書を読んで,自作PCにチャレンジしてください。

コメント

コメントの記入