新刊ピックアップ

Offieの乗り換え,おさらいに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Windows Vistaに合わせて登場したOffice2007ですが,ウィンドウの見た目が変わったばかりでなく,操作方法も大きく変わったことをご存知でしょうか? いままでのOfficeに慣れている人ほど,使いにくく戸惑うことが多いのが新しいOfficeなのです。

バージョン2007以前のOfficeでは,ウィンドウ上部にあるツールボタンをクリックの1手順,もしくはメニューをクリック→表示されたリスト内の項目をクリックして選択の2手順で,たいていの操作を行うことが可能でした。

ところが,Office2007では,タブをクリックして開く→タブ内のツールボタンをクリックの2手順,もしくはさらにリスト内の項目をクリックして選択という3手順の操作になったのです。

2007に触れたことのない方は,1,2手順増える手間はたいしたことがないと思うでしょう。しかし,新しいOfficeは,見た目が新しくなったことを忘れてはいけません。操作系,つまりツールボタンのグループ分けがこれまでのOfficeとは異なるため,目的のツールボタンがすこぶる見つけにくいのです。たとえば,これまでWord文書内にを入れる場合は,[罫線]メニューから行っていましたが,2007では[挿入]タブから行うようになった,という具合です。

長年の機能追加で,徐々に無理が出てきたOfficeの操作系を再編成して一新したとのことですので,もう覚え直すしかありません。これが新しいスタンダードなのです。

画像

Office2007の操作方法になじめない方や,しばらくパソコンにブランクのあった方におすすめしたいのが,操作手順を繰り返し練習するテキストです。例題30+演習問題70でしっかり学ぶ 標準テキストシリーズは,例題として提示された書類の作成方法を順番に解説してから,同様の演習問題を自分で解いてみるドリル形式です。新しいOfficeに慣れたい方,操作方法をおさらいしたい方に最適です。

コメント

コメントの記入