新刊ピックアップ

Google Gearsでブラウザが万能アプリになる~Webアプリケーションがオフラインでも利用可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

オンラインアプリをオフラインでも

2007年5月31日のGoogleにとって初の開発者向けイベント「Google Developers Day」で,目玉技術の1つとして発表されたのがGoogle Gearsです。そのコンセプトとは,「Webアプリケーションをオフラインでも動作させる」というものです。

Googleドキュメントをはじめ便利なWebアプリは,ネットにつなげればPC環境を問わずどこでも誰でもすぐに使える優れものです。しかし,逆にネット接続環境がないと使えないというのは諸刃の剣。それを解消するのがGearsです。

今はまだGearsを利用したサイトの数は多くはありませんが,この先さまざまなWebアプリに採用されるのは間違いありません。

Google Gearsの正体

Gearsの正体は,Webブラウザに対して追加する拡張機能(プラグイン)です。開発者の視点から見ると,Gearsがインストールされたブラウザ内では,普段取り扱うことのできないJavaScriptのAPIを使用することができます。それらのAPIを使用すると,非常に容易にWebアプリケーションをオフラインに対応させることができます。実現するのはローカルサーバ,データベース(SQLite),ワーカプールという機能です。

Gearsは表のように幅広いOSとブラウザをサポートしています。

表: Google Gearsが対応しているOSとブラウザ

OSブラウザバージョン
Microsoft Windows XP/VistaInternet Explorer6以降
Firefox1.5以降
Apple Mac OS X 10.2 以上Firefox1.5以降
LinuxFirefox1.5以降

ブラウザ万能の時代へ

いち早くGearsに対応したサイトにGoogle Readerタスク管理のRemember The Milk文書作成のZoho Writerなどがありますので,体験してみてください。

オフラインでもシームレスにWebアプリが使えるとなると,もはやOfficeなどの専用アプリがなくてもよく,また対応ブラウザがあればOSにこだわる必要がありません。

Googleは9月にPowerPointの対抗となるPresentlyを発表しました。Microsoftの本丸であるOffice包囲網を着々と整えてきましたが,今後,その流れを推し進める強力な可能性を持つのがGoogle Gearsです。影響は単なるオフライン対応だけではなく,PCアプリケーション領域への侵攻という部分もおおいにありそうです。

コメント

コメントの記入