新刊ピックアップ

トレースマスターの学習法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

「トレース」とは,元の図や絵をなぞって描くこと。Illustratorの作業では,スキャンして取り込んだ企業ロゴやマーク,文字や写真などの下絵をIllustratorの図やイラストに起こすことを指します。この作業を通じて,Illustratorを一通りマスターし,さらに表現の幅を広げることが『Illustrator トレースマスター』シリーズの目的です。

初心者がトレースで最初に「うまくできない!」とつまずいてしまうのが「ベジェ曲線」の扱いです。Illustratorは鉛筆などで描くのとは違い,ポイントをつないでいくことで生まれる線で,図を作成していきます。ポイント(アンカーポイントといいます)とそこから出ている「ハンドル」を使って線のカーブの度合いを調整していくのですが,この習得がなかなか難しいようです。

上達の秘訣は,とにかく「手を動かして数をこなすこと」につきます。『Illustrator CS3トレースマスター』では,基本的なベジェ曲線の描画・操作方法から複雑なトレースまでさまざまな事例を扱っています。この通りにレッスンを重ねれば,かなりIllustratorに習熟することができるでしょう。付属DVDに収録されたレッスン用データでは,ガイドをなぞって描くことで,ベジェ曲線の扱いがつかめてくるように工夫されています。

ガイドをなぞっていこう

ガイドをなぞっていこう

基本を習得したら,ロゴをトレースしたり,地図を作製したり,具体的な制作物に取り組みましょう。ラベル,3Dの缶,製品写真などのトレースをマスターしたら,胸をはって「Illustratorを使える!」といえます。まずは気張らずに気軽に始めてみてください。形になっていくのが面白くて,どんどんいろいろなものを描きたくなりますよ。

いろいろなものを作成してみよう

いろいろなものを作成してみよういろいろなものを作成してみよういろいろなものを作成してみよう

コメント

コメントの記入