新刊ピックアップ

デジカメ写真を使ってロゴを作成しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Photoshop Elementsは,デジタルカメラなどで撮影した写真をかんたんに加工・補正できるソフトです。今回は,Photoshop Elementsを使って,Webページ用のロゴを作成する方法をご紹介します。

横書き文字マスクツールの利用

Photoshop Elementsの横書き文字マスクツールを利用するとロゴに模様を付けることができます。ここでは,何気なく撮影した花の写真から「FLOWER」という文字を切り抜く方法を解説します。

1.写真を写真編集モードで開きます。

画像

2.横書き文字マスクツールで文字を設定します。

画像

3.画像の切り抜きたいところに文字を入力します。

画像

4.選択範囲を新規画像にコピー& ペーストします。

画像

たったこれだけで花の模様が入ったオリジナルロゴができました。なお,Webページ用のロゴとして利用する場合は,JPEG形式で保存するのを忘れないようにしてください。撮りためておいたデジカメ写真を使って,オリジナルロゴをどんどん作成してみましょう。

レイヤースタイルを使ったロゴの作成

Photoshop Elementsは横書き文字マスクツール以外にもロゴを作成する機能がたくさん用意されています。以下の例は,文字にテキストエフェクトフィルタとレイヤースタイルを適用して作成したロゴです。

エフェクトなどを駆使して作成したロゴ

画像

そのほかの機能も充実

もちろんPhotoshop Elementsはロゴを作成する以外の機能も充実しています。Photoshop Elements 7の新機能として,風景写真などを撮影した際に,通行人など不要なものが写ってしまった場合は,Photomerge Scene Cleanerを使って,削除することもできるようになりました。

1.風景写真で不用な通行人を…

画像

2.削除することもカンタン!

画像

Photoshop Elementsについてもっと詳しく知りたいという人は,『今すぐ使えるかんたん Photoshop Elements 7』がお勧めです。基本機能から「7」で追加された新機能まで詳しく解説されています。

コメント

コメントの記入