新刊ピックアップ

インターネットの翻訳家,DNSを知る!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

会社や家でInternet Explorerを起ち上げて,ニュースサイトのページを開く…。はたまた,メールソフトを起ち上げて,友達から届いたメールに返事を出す…。いつも行っているこれらの操作ですが,どうして,Internet Explorerを使うと,文章や画像が表示されるのか? どうして,メールソフトを使うと,メールの送受信ができるのか? 考えたことはありますか?

たとえば手紙を送るときに,相手の住所を指定するように,実はインターネットにも,「相手の住所」に該当するものがあるのです。この住所を宛先にデータをやりとりすることで,メールやインターネットを利用することができます。この「住所」とは,「IPアドレス」です。IPアドレスは,たとえば「10.0.0.1」のような,数字の羅列でできています。ニュースサイトのページにも,メールの宛先にも,IPアドレスは割り振られています。しかし,このIPアドレス,普通の人は,あまり目にする機会はありません。

なぜなら,IPアドレスとは別に,「ドメイン名」というもうひとつの住所が使われているからです。ドメイン名は,例えば「www.yahoo.co.jp」や,「dummy@gihyo.co.jp」のような,人間が覚えやすい文字列です。

人間が使う住所が「ドメイン名」なのに対し,「IPアドレス」は,コンピュータが使う住所です。しかし,ちょっと考えてみてください。ニュースサイトを見たり,メールを送るのに,私たちはドメイン名を入力します。けれども,IPアドレスを使うコンピュータにとって,ドメイン名はちんぷんかんぷんのはずです。どうやって,コンピュータはドメイン名を理解するのでしょう?

答えは,ドメイン名からIPアドレスを導きだす,翻訳家が間に入っているからなのです。その名はDNS。正式名称は,「Domain Name System」です。このDNSの働きによって,人間が入力したドメイン名はIPアドレスに翻訳され,コンピュータに伝えられます。そしてまた,コンピュータが使うIPアドレスは,ドメイン名に翻訳され,人間に伝えられるのです。この,インターネットの翻訳家「DNS」の詳しいしくみについては,3分間DNS基礎講座をどうぞ!

画像

コメント

コメントの記入