新刊ピックアップ

Office 2010新発売!!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

バージョン2010の特徴

マイクロソフトOfficeが6月にバージョンアップされました。Office 2010の登場です。前回のバージョンが2007でしたので,約3年ぶりの新バージョンです。

マイクロソフト社は,Office 2003まで利用してきたメニュー操作方式を,Office 2007でガラっと変化させました。それがリボンです。

正直に言うと,突然Office 2007で操作方法を変更してしまったため,リボン操作が使いづらいという意見が多かったのは事実です。しかしバージョンも2010となり,リボン操作も洗練され,非常に使いやすくなったという印象です。

特に[ファイル]タブの[印刷]は大変使いやすくなった機能の1つです。

印刷設定 ⁠プレビュー」と設定値が同時にチェックできるようになった

印刷設定 「プレビュー」と設定値が同時にチェックできるようになった

その他,Wordではパソコン画面のスクリーンショットを撮影することができるようになるなど,機能の拡充が図られています。

今回Officeアプリケーションで最も進化したのが,PowerPointです。プレゼンテーションの作成機能が大幅にアップしました。テンプレートが数多く用意され,テンプレートをカスタマイズするだけで,強力なプレゼンテーション資料が作成できます。またビデオやアニメーションの機能が強化され,簡単に効果的な動きのあるプレゼンテーションを行うことができるでしょう。

進化したPowerPoint アニメーション効果やデザインのテーマが大幅に拡充された

進化したPowerPoint アニメーション効果やデザインのテーマが大幅に拡充された

Officeにもオンライン無料版の登場

そして,最後に今回のOffice 2010で最も驚くべきニュースは,無料のオンライン版が登場したことです。このオンライン版はOffice Web Appsと呼ばれ,マイクロソフト社のオンラインサービスであるWindows Liveに登録すれば,誰でも無料でOffice 2010を使うことができます。

ただし,Office Web AppsはWord,Excel,PowerPoint,OneNoteの4種類のソフトウェアだけの提供です。また,4種類のソフトも通常に販売されるバージョンに比べると,機能が大幅に制限されています。

とは言うものの,マイクロソフト社が公式に提供するサービスですので,簡単な文書や書類を作成するには十分な機能があると言えます。

今回発売の今すぐ使えるかんたんシリーズのWord 2010,Excel 2010,PowerPoint 2010は最新版のOffice 2010に完全対応したマニュアルです。これ1冊さえあれば,Office 2010の主な機能はすべて使いこなすことができるでしょう。また,無料のOffice Web Appsにも対応しています。

Office 2010 個人ユーザー向けエディション比較表

 Office Personal 2010Office Home and Business 2010Office Professional 2010Office Professional Academic 2010
Word 2010
Excel 2010
Outlook 2010
PowerPoint 2010
Onenote 2010
Publisher 2010
Access 2010
税抜参考価格(通常版)2万9800円3万4800円5万9800円2万8381円
税抜参考価格(アップグレード優待版)1万5800円2万5000円3万7800円

コメント

コメントの記入