新刊ピックアップ

iPhone4カメラの魅力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

発売当初の喧噪はおさまったとはいえ,まだまだ人気で品薄のiPhone。個人的には白iPhoneを待っていたのですが…,年末発売との発表にショックを受け,すぐさま予約に向かったのでした。さて,iPhone4といえば,個人的には「カメラ」「ムービー」⁠今回は,とくにお手軽なiPhoneのカメラについてご紹介しましょう。

iPhone3GSにもカメラ機能はついています。画素数は300万画素で,スペックだけで言えばちょっと他のケータイと比べて物足りない感じでした。

でも,操作性は抜群。ピントを合わせたい部分に触れる(タップする)と,自動的にその部分にピントが合い,そのまま画面上にあるシャッターボタンを押せば,かんたんに写真が撮れます。撮りたいときにぱっと撮れ,そのままツイッターにも投稿できるというなかなかのスグレモノなのです。メカ操作があまり得意でなく,直感的に写真を撮ってみたい女子にとっては,とてもありがたいカメラ機能です。

さて,手軽さはそのままで,画素数が500万画素に上がり,少しレンズも明るくなったというiPhone4。3GSと4でどの程度写真が違うのか,撮り比べてみました。左がiPhone3GSで右がiPhone4です。iPhone4では明るく,くっきりとした写真になり,写る範囲(画角)も広がっているのがわかりますね。実際に各機種の画面で見ると,iPhone4では,自慢のRetinaディスプレイの鮮明さも加わって,⁠うわぁ」という位の違いがあります。

画像 画像

このほおずきなんかも,ものすごく鮮やかに撮れています。バラなどもきれいに撮れそうです。

画像

バッグのなかにもちょこんと収まるiPhoneは,カメラ機能だけとってみても,とても魅力的。是非,使いこなしてみたいものですね。

(写真提供:高橋浩子氏)

※ ⁠iPhone「女子」よくばり活用術」は9月下旬発売予定です。

コメント

コメントの記入