新刊ピックアップ

機種変しなくても最新版に!?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本でiPhone 3Gが発売されたのが,2008年のことでした。その1年後にiPhone 3GSが,2010年にはiPhone 4が,それぞれ発売されました。iPhoneの機能は,ハードウェアの部分と内部のソフトウェアの部分で決定されます。iPhone 4のTV電話機能のように,ハードウェア(前面カメラが必要)に依存して,iPhone 3Gや3GSでは実現できない機能が存在します。

ただし,ソフトウェア(iOS)をバージョンアップして,最新版に変更すれば,iPhone 4にて新しく搭載された機能のうち,iPhone 3Gや3GSでも利用できる機能があるのです。

例えば,iPhone 4にて新しく搭載された機能に「マルチタスク」があります。マルチタスクとは,iPhoneで1つのアプリケーション(以降アプリ)を動かしている際に,もう1つバックグラウンドでアプリを動作させることができる機能です。iTunesやインターネットラジオで音楽を聴きながら(バックグラウンドで動作させて)⁠メールやインターネットをチェックすることができるのです。

最初にバックグラウンドで動作させるアプリを起動し,[ホーム]ボタンをダブルタップします。すると,画面下にアプリのアイコンが表示されます図1)⁠続いて,動作させたいアイコン(ここでは[Safari])をタップします。[Safari]が起動してインターネットを見ることができました図2)⁠

(左)図1/⁠右)図2

図1 図2

このマルチタスクはiPhone 4のハードウェアの機能ではなく,最新版のiOS 4の機能で実現されます。iPhone 3GSのユーザーでもiPhone内のソフトウェア,iOSを4にバージョンアップすると,マルチタスクの機能が利用できます。

お使いのiPhoneをパソコンのiTunesに接続して同期させてみましょう。接続した画面で,[デバイス]を選択して,[概要]を見てみると,[ソフトウェアバージョン]が確認できます図3)⁠ソフトウェアバージョンを確認して,4.0以上でない場合,ソフトウェアiOSのバージョンアップを試みましょう。

図3

図3

今回発売になる,iPhone 基本&便利技は,ソフトウェアのバージョンアップ方法はもちろんのこと,iPhoneでの電話のかけ方・メールの送受信方法から,応用技の数々まで解説されています。コンパクトな書籍サイズながら,情報量は満載です。

コメント

コメントの記入