新刊ピックアップ

ウェブサービスにかけたエンジニアの話

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ツイッターの舞台裏

パソコンからもケータイからもいつでも情報発信ができて,誰とでもつながることができるツイッター。ツイッターをより快適に,より楽しく使えるように工夫されているソフトがツイッタークライアントです。ツイッターを楽しむ人は世界で1億4,500万人にのぼると言われており,ツイッターユーザーに支持されるクライアントを目指して,世界中のクリエイターが日夜シノギを削っています。

そんなクライアントの一つ,⁠モバツイ」は会社勤めのエンジニアだった藤川真一さんが,本業とは関係のないところでプライベートに始めたサービスです。サービスインが2007年4月,それから4年と半年余りで,現在は150万人のユーザーを誇るまでに成長しています。

語録をいくつか

藤川さんの新刊100万人から教わったウェブサービスの極意では,モバツイに一意専心するなかで得られた「知恵と視点」が語られています。本書の中から藤川さんの"語録"をいくつか拾ってみます。本の雰囲気の一端をくみ取っていただければと思います。

もともとツイッターは半年くらいで廃れるんじゃないかと思っていたので,モバツイの"余命"については常に覚悟していました。それでも,ツイッターが好きですから,やりとりする相手がいる限り,最後までツイッターを使い続ける自信だけはありましたし,できる限りずっとモバツイを維持したいと思っていました。

――初期のツイッターブームが終息したときを振り返って。

もっとも,変化に抵抗を感じて,声を上げるユーザーをたくさん抱えているというのは,そのサービスの強みでもあります。ネガティブな声は,そのサービスを愛しているからこそという面もあるはずです。

――サービスの成長に伴ってユーザーとのミゾを自覚したときに。

趣味の運営と,プロの運営との違いをひと言で言えば,サービス業として意識するか否かということになると思います。本書の中では,"サービス"という表現が何度も出てきます。ウェブサービスは,紛れもなくネットを活用したサービス業です。

――ウェブサービスをビジネスにするときの心構えについて。

ウェブサービスを提供して,多くの人に利用し続けてもらうには,地道な改善と,途中で投げ出さずに運営する力が求められます。これを続けるよりどころとして,自分がこうなりたい,こうありたい,こうなってほしいという想いは欠かせません。

――後に続くエンジニアへのアドバイスとして。

コメント

コメントの記入