新刊ピックアップ

LPICレベル1対応教科書刊行

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

LPICの位置づけ

IT系の資格の中で安定した人気を持つのがLPICです。LPICは国際的な非営利団体LPIによって運営されるLinux認定プログラムで,Linuxの技術力をアピールする最も標準的な資格です。

LPI認定には,レベル1,レベル2,レベル3の3種類があります。本書は基本的な操作や設定を行えるかどうかを判断するレベル1に対応したLinuxの教科書です。レベル1ではファイル操作や簡単なサーバ構築などの知識があるかどうかを判断されます。おおよそ半年~1年程度の,Linux業務経験が想定されています。

本書は,Red Hat系ディストリビューションとして広く利用されているCentOS 6を実行環境として想定しています。Linux初心者を主な対象として,Linuxの操作に自信が持てるよう,順を追って学習できる構成になっています。

本書の構成

本書は三部構成になっています。

「第1部 Linuxの基本操作」では,ごく基本的なLinuxの操作と,ファイル管理,ユーザー管理について解説します。多少のLinux経験があれば,ざっと流し読みする程度で構わないでしょう。

「第2部 基本ツールの活用」では,主にviエディタとシェルの扱いについて取り上げます。シェルの機能やシェルスクリプトについての理解が進むと,Linuxの扱いも格段に効率的になるはずです。

「第3部 システム管理入門」では,Linux管理者として求められるシステム管理の基本を解説します。パッケージ管理,ファイルシステム管理,ネットワーク管理など多岐に渡っていますので,一つ一つ確実に理解するようにしてください。

演習を行いながら学習を

本書ではLinux運用・管理の基本について,できるだけ実際の利用シーンを想定しながら執筆されています。CentOSはのWebページよりダウンロードすることができます。繰り返し実機(実際のLinuxサーバ)で演習を行いながら学習を進めてください。

コメント

コメントの記入