新刊ピックアップ

Windows 8を使ってみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ついに発売されたWindows 8

2012年10月26日に待望のWindows 8が発売されました。Windows 8は,Windows 95以来の大きな変更が行われて,まったく新しいOSとして生まれ変わったと言っても言い過ぎではないでしょう。Windows 8の最大の特徴は,タッチ操作に最適化されたことです。タッチ操作に対応したノートパソコンやタブレットの場合,指で画面をタッチすることでWindows 8を快適に操作できるようになりました。つまり,流行のスマートフォンやタブレットと同じ間隔で利用することができます。

新しいスタート画面

Windows 8を最初に起動すると,ビックリされる人も多いと思います。これまで表示されたデスクトップの代わりに「スタート画面」がいきなり表示されます。

Windows 8のスタート画面

Windows 8のスタート画面

このスタート画面には,たくさんのタイルが並んでいます。このタイルをクリックすると,アプリが起動します。

検索するためのアプリ(⁠Bing」⁠の画面

検索するためのアプリ(「Bing」)の画面

スタート画面は,Windows 7のときのスタートメニューが全画面で表示されたイメージです。最初は,ちょっと違和感があると思いますが,タブレットなどで,タッチ操作を行うと,このスタート画面はかなり便利に使うことができます。また,スタート画面のタイルは,インターネットに接続していると,天気やニュースなどの情報を確認することもできます。

天気とニュースがタイルに表示されている

天気とニュースがタイルに表示されている

デスクトップはどこに?

Windows 8には興味があるけれど,新しくなりすぎたので,ちょっと不安になってしまう人もいるかもしれません。そんな人のためには,これまで使い慣れた「デスクトップ」も用意されています。スタート画面で<デスクトップ>のタイルをクリックすると,Windows 8のデスクトップが表示されます。

Windows 8のデスクトップ

Windows 8のデスクトップ

画面の左下に[スタート]ボタンがなくなってしまっているのがちょっと気になりますが,それ以外はこれまでのデスクトップとほとんど同じなので,安心して利用できます。

今回は,新しいWindows 8を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。これまでのWindowsとは,かなり操作方法が異なるので,最初は違和感があるかもしれません。そんな人には,今すぐ使えるかんたん Windows 8がお勧めです。Windows 8の基本操作から,メールやインターネットの利用方法までをやさしく解説しています。

コメント

コメントの記入