新刊ピックアップ

リッチでインタラクティブな表現も,Web標準の技術で実現できる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ちょっとわかりにくいかもしれませんが,まずは図1をご覧ください。マウスの動きに合わせて円のグラフィックが次々に現れては消え,また次々に現れます。そして図2はグラフ。数値を表す棒がぐにゅーんと伸びて,やがてストンと止まり,棒グラフができあがります。前者は,マウスの動きにインタラクティブに反応するグラフィック。後者はアニメーションするグラフです。

図1 マウスを動かすと,その軌跡にそって円のグラフィックが次々と表示される。CreateJSを構成するライブラリの1つであるEaselJSで,マウス座標を管理することによって実現している

マウスを動かすと,その軌跡にそって円のグラフィックが次々と表示される。CreateJSを構成するライブラリの1つであるEaselJSで,マウス座標を管理することによって実現している

マウスを動かすと,その軌跡にそって円のグラフィックが次々と表示される。CreateJSを構成するライブラリの1つであるEaselJSで,マウス座標を管理することによって実現している

マウスを動かすと,その軌跡にそって円のグラフィックが次々と表示される。CreateJSを構成するライブラリの1つであるEaselJSで,マウス座標を管理することによって実現している

図2 棒がアニメーションしながら伸びていき,やがて棒グラフとなる。これもCreateJSを構成するライブラリの1つである,TweeenJSによって実現している

棒がアニメーションしながら伸びていき,やがて棒グラフとなる。これもCreateJSを構成するライブラリの1つである,TweeenJSによって実現している

棒がアニメーションしながら伸びていき,やがて棒グラフとなる。これもCreateJSを構成するライブラリの1つである,TweeenJSによって実現している

棒がアニメーションしながら伸びていき,やがて棒グラフとなる。これもCreateJSを構成するライブラリの1つである,TweeenJSによって実現している

Webで見かけるこうしたインタラクションやアニメーションといえば,以前はFlashで作られていることが多かったものです。しかし,現在ではHTML,つまりWebの標準技術で作ることができます。

いま「HTML」と書きましたが,現在のHTML5は,CSS3からアプリ開発向けAPIまで範囲が広く,さきほどのサンプルは,HTML5の新機能であるCanvasを利用しています。HTML上にcanvasタグを記述したうえで,具体的なグラフィックや動きをJavaScriptで記述していきます。

ただし,CanvasのAPIは低レベルの設計のため,そのままでは使い勝手が悪いもの。そこで,サンプルではCreateJSというフレームワークを利用しています。

ちなみに,CreateJSを構成するライブラリの1つ,EaselJSには,Flashのクラスとよく似た名前のクラスが用意されています。ですから,これまでFlashでつちかった技術や経験を,Web標準のもとで無理なく展開していくことが可能です。

このCanvasを大きく取り上げたHTML5書籍が6月に発売されました。⁠HTML5インタラクティブ表現ガイド

~HTML5,CSS3,Canvas,CreateJS,JavaScript~』です。「インタラクティブ」というキーワードのもと,Canvasだけなく,CSS3,JavaScriptなどを使った幅広い表現方法を紹介しています。

ここで取り上げたサンプルについても,本書でくわしく解説しています。ありきたりのHTML5表現では満足できない方は,ぜひご一読ください。

コメント

コメントの記入