新刊ピックアップ

Webデザイナーが身に付けるべきスキル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Webデザイナーを取り巻く技術や知識には実に様々なテーマがあります。独学でプロを目指したい人にとって,どのテーマから着手してよいかわかりにくいかもしれません。いくつか,主要なテーマを挙げておきましょう。

デザインの基礎知識

デザイナーですから,レイアウトや配色,フォントなどの基礎知識を知っておく必要があります。Webというメディアの制約が,他のデザインにはない独特のルールや表現を生みます。

制作アプリケーション

グラフィックを制作するためのツールは様々ですが,多くの現場でプロに使用されているのは,Adobe社のPhotoshopとIllustratorです。実践的な操作方法を,身に付けておくべきです。

Web技術に関する基礎知識

サーバー,ネットワークからブラウザまで,インターネット周辺の技術について知っていると,Webページが表示されるしくみが深く理解できます。

HTML/CSS

Webの文書は,すべてHTMLという言語で記述されています。HTMLがWebページの構造を記述する一方,CSSがWebページの装飾を表現します。

JavaScript

Webページに動的なしかけを表現したいとき,最近ではJavaScriptというプログラム言語の利用が一般的になりました。

CMS

「Webページを更新しやすく」という課題に応える技術として,CMSがあります。WordPressなどのブログソフトが利用されます。

その他,SEOやWebマーケティングなどサイト運営に欠かせない知識・技術も必要ですし,スマートフォン向けのサイトなど,新しい課題が次々に出現します。Webデザインは,とてもダイナミックな仕事と言えます。

さて,プロになるためのWebデザイン入門講座は,主にPhotoshop,Illustratorを使用してWebデザインの基礎を学習するための本です。デザインの基礎知識や制作アプリケーションの操作方法をメインに学習できます。

また,Dreamweaverを使用してHTML/CSSのコーディング初歩まで行います。プロを目指す方の最初の1冊として,最適な内容となっています。

コメント

コメントの記入