新刊ピックアップ

これから不動産っていいかもしれない!?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

明るい話題が増えてます

東京にオリンピックがやってくることが決まりました。再開発や地価の上昇期待なんて話題も聞かれますね。デフレ脱却!とはいかないまでも,物価上昇のきざしも見られるようになりました。それまでお金を出してくれなかった銀行も,融資姿勢を緩和させているという声も聞こえてきます。

モロモロの事情を踏まえて,近ごろ不動産に注目するようになったり,いまがチャンスかもしれない!と前のめりになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とはいえ,アパートやマンションのオーナーになるのですから,不動産投資は動く金額が大きくなるもの。とくにはじめての方は不安が尽きないのではないかと思います。

"恵比寿の I "に聞いてみよう

そこで,底辺から年収1,000万超の不動産投資術では,⁠不動産投資をやってみたい。けれどなかなか一歩が踏み出せない」という方が抱く,スタート前の不安や疑問について丁寧にお応えしています。

回答するのは"不動産投資家 恵比寿のI"こと石原博光さん。スタートから5年ほどで満室家賃年収3,800万円を生み出すまでになった不動産投資法で知られている方です。しかも,⁠まったくのドシロウト状態から始めた」といいます。ドシロウトな人の気持ちは,かつてドシロウトだった人がよくわかるもの。石原さんは,不動産投資を志す方へのコンサルティングなど先導者としても活躍中です。

さて,それでは本書で取り上げている,不動産投資をやってみたいけれど……という方から寄せられた生の質問をご紹介しておきます。チラ見せでごめんなさい(笑)⁠

マクロ的な心配
Q. ますます少子化になっていくのに大丈夫なの?
Q. それでも空室が続いたら?
Q. これから金利が上がるって聞いたけど?
Q. インフレになったら有利? 不利?
お金の心配
Q. ローンを組むのって怖いんだけど?
Q. 家賃が下がっていったら苦しくなるんじゃ?
不動産ならではの心配
Q. 事故や災害に見舞われたらどうするの?
Q. 不動産の目利きなんてできるのかな?
Q. リフォームの知識ゼロだけど大丈夫?
トラブルの心配
Q. 滞納されたらヤバいでしょ?
Q. 入居者と揉めごとになったらどう

コメント

コメントの記入