新刊ピックアップ

Chefでインフラ構成を自動化するメリット

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Chefとは

Chefは,サーバの構築や運用を自動化するツールです。Rubyを使ってコードを記述することで,ソフトウェアのインストールや設定などを指定し,サーバをあるべき状態にします。

Chefでインフラ構成を自動化するメリット

Chefによりインフラ構成をコードで記述し,自動化するメリットには次のようなものがあります。

複数台へ一括適用できる

従来は,サーバが増えると,その台数分作業を繰り返す必要がありました。Chefを利用すれば,サーバの台数が増えても書いたコードを適用すればよいだけなので,構築にかかる時間を大幅に削減できます。

コードが手順書になる

作業の手順を記録するには手順書を作成することが多いのですが,手順が変更されたときにそれが反映されないことも多く,書かれている手順が正しいのかわかりません。一方,インフラ構成自体をコードで管理すれば,コード自体が最新の手順書になります。

作業ミスが起こらない

これまでの手順書などに従って人手で作業する方法では,手順を抜かすなど作業ミスが起こる可能性があります。Chefを利用すれば,一度コードで適切に記述すれば手順を間違える心配はありません。

再利用できる

手順書はプロジェクトやサービスごとに作ることが多く,ほかのプロジェクトで再利用することは難しい状態でした。Chefによりコードで表現すれば,ほかのプロジェクトでも簡単に再利用できます。

本書の紹介

本書は,Chefの実践的な使い方を解説した書籍です。まずはスタンドアロンで利用できるChef Soloを利用し,設定ファイルとなるクックブックの書き方を解説します。そして,現場でよく利用する環境をChefを使って構築するためのノウハウや,クックブックのテスト,継続的インテグレーションなど実践的な解説も行います。後半では,つまずきがちなポイントや,Chef Serverを利用した大規模環境の構築・運用方法を解説しています。コードを出しながら解説しているので,すぐに役立つ知識が身に付くはずです。Appendixでは,日々の作業に役立つコマンドやクックブックの書き方のチートシートを掲載しています。

コメント

コメントの記入