新刊ピックアップ

プログラミングは手を動かして学ぼう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

「せっかくパソコンを買ったので,プログラミングも覚えてみたい」こう考えている方はいらっしゃいますか。ここでは,初めてプログラミングを学ぶときに大切なポイントを紹介します。

自分の手を動かそう

プログラミングを学習する際には,⁠実際に自分の手を動かす」ことが大切です。

最近では,学習書に掲載されたサンプルプログラムのソースコードを,付属CD-ROMやダウンロードサイトから入手できることも多いでしょう。

これはとても便利なのですが,入手したソースコードをコピー&ペーストしてプログラムを動かすだけではもったいない。本を見ながら自分の手で入力し,実行することをお勧めします。

自分で入力すると,ちょっとした入力ミスでプログラムが動かなくなったり,エラーが表示されたりすることがあるはずです。こうしたエラーを体験して,何が間違っているのかを推測し,推測に基づいてソースコードを修正する。これを,サンプルが正しく動作するまで繰り返しましょう。

遠回りに思えるかもしれませんが,プログラミングスキルを身に付けるうえでは貴重な経験です。

サンプルを改造しよう

次のステップとしてお勧めしたいのが,⁠サンプルプログラムを改造する」ことです。

最初のうちは,変数の値や繰り返しの回数を適当に変える程度で大丈夫です。ソースコードのどこを変えると実行結果がどう変わるのか,徐々にわかってきます。

慣れてきたら,あらかじめ「処理結果をこう変えよう」と決めておき,そのためにはどこを修正すれば良いかを検討し,実際に試してみるのです。いざ改造してみると,思うように動作しないことも多いでしょう。途中で処理が止まらなくなってしまうかもしれません。

そこで諦めず,⁠何がおかしかったのか」⁠どうすれば思い通りの実行結果になるのか」をしっかり考え,再びソースコードを修正します。ここでも,実際に手を動かすことが大切です。


プログラミングの学習中にエラーが表示されたり,処理が止まったりしても,パソコンは簡単に壊れたりしません。安心してソースコードを変更してください。

試行錯誤しながらプログラムを入力・修正した経験は,将来,一からプログラムを自作するときにきっと役に立ちます。

コメント

コメントの記入