新刊ピックアップ

「YouTube」×「動画集客」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

無料の動画がお金になる?

今や,月間10億人以上のユーザーが訪れる「YouTube(ユーチューブ)⁠押しも押されぬ人気動画共有サービスとなり,⁠スマートフォンで利用するのは,メールとインターネットとYouTubeだけ」という方も少なくありません。

さて,みなさんはどんな動画を見ますか? もしかしたら,アナと雪の女王の主題歌,⁠Let It Go」をYouTubeで流して口ずさむ,ということもあるかもしれません。

  • 「え?でもそれって違法なのでは?」

ご安心ください。⁠Let It Go」は,なんとディズニーが直々にアップロードしているのです。……しかし,なぜでしょうか?無料で公開せず,CDやダウンロードで販売すればより利益になるのではないか,そう思わざるを得ません。しかしすべての物事には理由があります。これこそが,動画をお金に換えるカラクリなのです。

「動画集客」という新しい潮流

ディズニーが「Let It Go」を無料で公開している理由,それはズバリ動画を広告として利用しているということです。動画を見て映画にも興味を持ってもらえれば,映画館へ足を運んでもらえます。もしかしたら気に入ってもらえて,いずれ映画のDVDも買ってもらえるかもしれません。つまり,動画を無料で公開していても,多くの人に行動を促せれば,結果的に元を取ることができるのです。これはテレビCMをイメージしてもらえれば,わかりやすいでしょう。

これは何も,ディズニーのような大企業に限った話ではありません。例えば,自社商品の特徴を動画でアピールする,実店舗の雰囲気やサービスを具体的に紹介する,というように,中小企業や実店舗の集客にも利用できます。このとき,テレビCMのように凝ったものにする必要はありません。凝った動画は美しいですが,必ずしもそれが集客につながるとは限らないのです。YouTubeで集客を行うのであれば,むしろ,動画の出演者の「人となり」が見えた方がユーザーの興味を引く可能性があります。

本書は,YouTubeの視聴・投稿・設定といった基本操作から丁寧に解説しているので,YouTube初心者の方でも操作に迷いません。また,実践的にYouTubeで集客するための「動画に人を集める方法」⁠動画のクオリティをアップする方法」など,ビジネスに役立つノウハウを紹介しています。従来のWeb集客方法でイマイチ成果が出ず,新たな集客方法を模索している方は,ぜひYouTubeでの集客を試してみてください。

コメント

コメントの記入