新刊ピックアップ

面倒な作業はラクしてかんたんに瞬殺で済ませようとする「前向きな怠惰」の思想を忘れずに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Excelの表で1行おきに色をつけて,見やすくするには?

「Excelの表に1行おきに色をつけて,見やすくなるようにしてよ」

仕事でそんなお願いをされたら,どうしますか?

「1つ1つ,手作業でがんばろう」なんてことはまちがっても考えてはいけません。まず大切なのが,⁠Excelの機能をうまく使えば,ラクできる方法がある」と考えること。そして,⁠奇数行だけ色をつければいい」という発想ができるかどうかがポイントです。

Excelで「ROW関数」というものを使えば,セルの行数を取得できます。それが奇数行かどうかは,⁠取得した行数を2で割ったあまりが1かどうか」で判定できます。そして,⁠条件つき書式]という機能を使えば,指定した条件に合うときだけ色をつけることができます。以下が手順です。

  1. [ホーム]タブ→⁠条件付き書式]⁠⁠新しいルール]をクリック。
  2. 表示される[新しい書式ルール]画面で[数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択。
  3. ボックス内に「=MOD(ROW(),2)=1」と入力。

    画像

  4. [書式]⁠⁠塗りつぶし]タブで好きな色を選んで[OK]をクリック。
  5. [新しい書式ルール]画面に戻るので,⁠OK]をクリック。

これで1行おきに色がつきます。

画像

こうした「作業をいかにラクして瞬時に済ませられるだろうか?」と考える「前向きな怠惰」の思想がExcelには不可欠です。

指導実績2000名以上の著者だから書けた「実務直結」のExcel本が登場!

そんなExcelでラクするための考え方やテクニックが学べる,⁠たった1日で即戦力になるExcelの教科書』という書籍が発行されました。著者の吉田拳さんは,これまで50社以上,のべ2000名以上の方を指導してきた実績の持ち主。発売して1ヶ月ちょっとでたちまち4刷を記録し,今最も売れているExcelの本となっています。⁠Excelの作業でどうも時間がかかることが多くて……」とお悩みの方,ぜひチェックしてみてください!

コメント

コメントの記入