新刊ピックアップ

個人輸入&輸出でウハウハ! 稼ぐノウハウをギュッと凝縮!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

皆さん,ネットで買い物をするとき,どのようなWebサイトを利用されていますか? Amazon? 楽天? ヤフオク? 人それぞれ,利用するWebサイトは様々です。中には,価格コムなどの比較サイトで価格を調べて,最安値のお店で購入する,という方もいるでしょう。そんな中,はたと気がつくことはありませんか? そう,同じ商品を購入するにしても,お店によって「値段が違う」のです。

例えばヤマダ電機とヨドバシカメラで,同じ商品の価格が異なるように,ネット上のお店でも,同じ商品に異なる価格が付けられています。そのお店が大量に仕入れて目玉商品として売り出している場合もあるでしょうし,たまたまセール中だった,というラッキーな場合もあるかもしれません。それでは,仮に一番安いお店で商品を購入し,それよりも高い値段であなたが販売したとしたら…。その差額はまるっと,あなたの利益となるわけです。

もちろん,送料や販売にかかる各種手数料,あなた自身の手間賃などを考慮に入れて,それでもなお利益の出る価格差で販売する必要はあります。しかし,こうした費用を差し引いてもなお,利益の出る商品はごろごろしているというのが現状なのです。今回ご紹介するのは,こうした国内店舗間の価格差を,さらに世界規模の価格差にまで拡張して稼ぐことができるという方法です。

例えばAmazonは,世界中に店舗を持っています。そして日本のAmazonで販売している商品が,アメリカのAmazonではその半額以下の価格で販売されている,ということも珍しくありません。需要と供給,また流通などの関係で,日本に来るまでに価格が跳ね上がっているのです。それがあなたがほしいと思っていた商品であった場合,日本のAmazonではなくアメリカのAmazonで購入するだけで,あなたは少し得をします。しかし,その商品を欲しいと思っている日本人がたくさんいた場合,他の人に販売する分を大量に購入し,日本のAmazonでの価格よりも少し安い価格で販売すれば,それは大きな利益を生むかもしれません。これが,ネットを利用した「個人輸入」で稼ぐ,基本の考え方なのです。

それとは反対に,異なる国どうしの価格差を利用して,⁠個人輸出」で稼ぐ方法もあります。日本のAmazonで安く購入した商品を,アメリカのAmazonで高く販売するわけです。輸入に比べて面倒なことは多いものの,その分参入者が少なく,個人輸入よりも稼げる幅は大きいと言われています。

ここで,あることに気づきませんか? これまで「Amazon」で買って「Amazon」で売る,ということをお話してきました。しかしこれは,必ずしもAmazonである必要はないのです。価格差によるメリットを享受できるのなら,楽天でも,ヤフオク!でも,単独のショップでも,実店舗でも構わないのです。そんな中,今注目を集めているのが「eBay」です。eBayは,世界最大規模のオークションサイトです。ヤフオク!と同様,オークション形式の出品もできますし,価格を固定しての販売も可能です。英語のサイトしかないため日本人には敷居が高く,Amazonに比べて参入者が少ないのが現状です。しかし,eBayの顧客は世界中に存在し,その数1億5000万人と言われています。ヤフオク!や楽天の比ではありません。

こうした英語のハードルは,実は皆さんが思っているほど高いものではありません。eBayでの売買で英語が必要な機会は非常に限られています。また,翻訳ツールなどを使えば,対応可能な場面も少なくありません。そして何より,よい本が出版されています。eBay個人輸入&輸出 はじめる&儲ける 超実践テクを読むことで,「ねらい目」のeBayで,安く買って高く売る,個人輸入と輸出を実践することができます。ちらっとでも「いいかも?」と思われたなら,まずは本を読んで,その全貌を把握してみませんか? 迷うのはそれからでも,遅くはないはずです。

コメント

コメントの記入