新刊ピックアップ

ついにOffice 2016が登場! その特徴は?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Office 2016で何が変わったのか

2015年9月,Microsoft Officeの最新バージョン「Office 2016」が登場しました。

共同作業がより快適に

Office 2016には,複数人で共同作業をするときに便利な機能が追加されました。たとえば,同じ文書を複数のユーザーが同時に編集したり,クラウドと連携して文書を共有したり,文書の変更履歴を管理したりする機能が向上しています。

操作アシストによるサポート

「操作アシスト」も注目機能の1つです。操作したい内容を入力すると,関連する機能が一覧で表示され,そこから操作することができます。たくさんのリボンの中から必要なボタンを探す手間が減り,よりスムーズに作業を進められるでしょう。

操作アシスト(Word 2016の例)

操作アシスト(Word 2016の例)

その他の新機能

他にも多くの機能が追加されています。たとえば,図形に対して透明・半透明のスタイルを設定できるようになりました。用語や機能について詳しく検索できる「スマート検索」は,困ったときに役立ちます。また,新しい種類のグラフや予測シート機能(Excelのみ)などが追加されています。

新しいグラフ(ツリーマップ)

新しいグラフ(ツリーマップ)

Office 2016を手に入れるには

Office 2016を購入,もしくはアップデートする方法はいくつか用意されています。主なものを見ていきましょう。

「Office Premium」が入ったパソコンを利用する
「Office Premium」というソフトが入っているパソコンの機種であれば,最新のOffice 2016を利用可能です。
Office 365 Soloを契約する
Office 365 Soloは,⁠毎月使用料を払うことで,常に最新版のOfficeを使うことができる」ものです。
永続ライセンスを購入する
ずっと(永続的に)使えるOffice 2016も用意されています。店頭で「POSAカード」と呼ばれるカードを購入して利用します。

Office 2016は,見た目や使い勝手の面ではそれほど大きく変わっていません。リボンインターフェイスに慣れている方ならば,ほとんど違和感を感じることなく使えるはずです。皆さんもぜひ,新しいOfficeを体験してください。

コメント

コメントの記入