新刊ピックアップ

写真の出来栄えは「カメラを構え,シャッターを押す」前の準備で決まる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

  • 「人間がバーを飛び越えて行くときに,空と一体になり,まるで鳥のように羽ばたいていく瞬間」

そんなイメージを体現したのが,この棒高跳びの写真です。

重要なのは,高さの表現です。また,⁠空と一体になる」ためには,空をダイナミックに表現する必要があります。

広角レンズを選択し,⁠大きく空を写しこみながら,その中を人間が飛んでいく」という流れを想定して構図を決めます。また,できるだけバーに近づきながら,見上げることができる位置にカメラを構えます。そうすることで,より高さを表現できるためです。あとは,雲の流れと光が選手を照らしてくれるのをひたすら待ちます。その中で撮影できたのが,この1枚です。

「カメラを構え,シャッターを押す」という行為は,撮影という過程の中の最後の1割にすぎません。つまり,それまでの9割が写真の出来栄えを左右するのです。

その部分にスポットを当てたのが,新刊「いい写真」はどうすれば撮れるのか?です。プロカメラマンとして活躍する著者が,⁠きれい」⁠かっこいい」⁠おいしそう」⁠かわいい」⁠うれしい」といったキーワードをふまえて,イメージ以上のよさを引き出すための物の見方,考え方を解説しています。⁠より上手に写真を撮りたい」⁠そこそこ良いカメラやレンズを持っているのに,いまいち自分の写真に満足できていない」という方,ぜひお手にとってみてください。

コメント

コメントの記入