新刊ピックアップ

「人工知能で生産性を劇的に向上!」……なんて夢を語る前に,使えないシステムが生まれる原因と対策を押さえよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

人手でやっていたらとても終わらない,キリがない仕事を一瞬でミスなく片づけてくれる――それがITのすごいところ。最近は「人工知能を駆使して生産性を上げるんだ!」というかけ声を耳にすることも多くなってきました。

でも,待ってください。新しい技術を活用するのは大事ですが,現状が

  • 「こんなシステム,使えない!」
  • 「新しいシステムのせいでかえって仕事が増えた,なんとかしてくれ」
  • 「そんなシステムあったんですか? だれも使ってないっすよ……」

なんてことになったりしていませんか? どんなに技術が素晴らしくても,発注する人が「シロウトだから」と何もわかっていなかったり,作る側が「とりあえず作ればいい」などと思っていては,宝の持ち腐れ,お金をドブに捨てるだけになってしまいます。

そんな心あたりがある方に手にとっていただきたいのが,新刊システムの問題地図』⁠NTTデータでプロジェクトリーダーや運用責任者を務め,さらに発注側の経験も持つ沢渡あまねさんが,シリーズ累計15万部の実績に裏打ちされたスタイルで⁠あるある⁠な問題の原因と全体像を図解でスッキリ整理しながら,解決策を教えます。

『システムの問題地図』巻頭の全体地図

『システムの問題地図』巻頭の全体地図

コメント

コメントの記入