新刊ピックアップ

Googleアナリティクスとは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Webサイトのデータを計測するツール

Googleアナリティクスは,Googleが提供するWebサイトの解析ツールです。Webサイトのアクセスアップを考えるなら必須のツールで,ほとんどのWeb担当者が利用しています。

Googleアナリティクスを利用することで,Webサイトを訪れるユーザーの行動データを集計し,解析することができるようになります。

たとえば,Webサイトに1日に何人訪れたか,その人たちはどういう経路で訪れたのか,最初に見たページや最後に見たWebページはどれかなどが,Googleアナリティクスを利用することでわかるようになります。

GoogleアナリティクスをWebサイトに設置するだけでは,意味がありません。また,Googleアナリティクスで測定したデータを見ているだけでは,Webサイトの現状は確認できますが,有効に利用するためにはこれらのデータを分析し,Webサイトを改善していく必要があります。最終的に,Webサイトの集客に結び付けなければGoogleアナリティクスを利用している意味がありません。

Googleアナリティクスを活用するには

Webサイトを運営するときに,⁠アクセス数が増えなくてもいいや」ということは稀でしょう。通常は「より沢山の人に訪れて欲しい」⁠商品やサービスに魅力を感じて購買や利用に繋げたい」という目的があり,それに沿って,Webサイトを改善することになります。

改善のためには,常にPDCAサイクルを回す必要があります。⁠PDCA」とは,⁠Plan:計画」⁠Do:実行」⁠Check:評価」⁠Act:改善」それぞれの頭文字です。

Webサイト運営におけるPDCAの具体的な例としては,⁠計画:新しい商品紹介ページに日に○人のアクセスを呼び込む」⁠実行:TOPページに新商品紹介のバナーを入れる」⁠評価:商品紹介ページを訪れたユーザーデータを評価する」⁠改善:バナーのデザインや位置を変更する」といったことになります。

この,⁠評価」の部分を正しく行うためにGoogleアナリティクスを活用することが重要になってきます。なお,Googleアナリティクスには,⁠計画」段階で利用できる目標を設定する機能もあります。

PDCAサイクルは,そのどれかが抜けては意味がありません。たとえばよく見るのは,アクセス数が増えないからといって闇雲にWebサイトのデザインなどを変えることです。これは,⁠計画」⁠⁠実行」を繰り返しているだけです。

Googleアナリティクスのホーム画面。重要なデータが一覧できるようになっています。左のサイドメニューの「レポート」欄の項目をクリックすると,より詳細なデータを確認することができます

Googleアナリティクスのホーム画面。重要なデータが一覧できるようになっています。左のサイドメニューの「レポート」欄の項目をクリックすると,より詳細なデータを確認することができます

まずは試してみよう

Googleアナリティクスで計測できるデータは多岐に渡り,機能も多いので,最初は何をしたらいいのかわからないかもしれません。使いこなせるようになるまでは,ある程度の習熟が必要です。

しかし,Googleアナリティクスはこれだけ多機能で必須のツールでありながら,無料で利用することができます。最終的には前述のPDCAサイクルを回せるように使いこなせるようになることを目標に,いろいろ試してみてください。

コメント

コメントの記入