新刊ピックアップ

クラウド時代の新しいLightroomが登場!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

写真の仕上がりにこだわる人には必須のRAW現像。RAW現像用ソフトには多くの種類があります。Photoshopなどで知られるAdobe社のLightroomも,高度なRAW現像機能を備えた写真管理ソフトの1つです。高機能で,各メーカーの機種に幅広く対応するLightroomは,今や定番のRAW現像ソフトと言って良いでしょう。月980円(税別)でPhotoshopとLightroomの両方が使えるAdobe CCフォトプランも,Lightroomの普及を後押ししています。

「Lightroom CC」「Lightroom Classic CC」機能が異なる2つのLightroom

クラウドベースのLightroom CC。

前版と名前が同じで混乱しますが,新たに登場したLightroomです。写真をクラウド上で管理し,さまざまなデバイスからアクセス可能な点が最大の特徴です。インターフェイスはシンプルでわかりやすく,AIによって画像を認識・分類し,検索できる機能なども先進的です。RAW現像・補正に関する機能は一通り揃っています。。

ただ,写真を印刷したり,フォトブックなどを作ったりする機能は備わっていません。また,Windows 7や8.1には非対応です。

Adobe Lightroom CCの画面

Adobe Lightroom CCの画面

正統進化形のLightroom Classic CC

一方で,従来のLightroom CCは,Lightroom Classic CCという名称に変更されました。こちらが後継バージョンだと考えて間違いありません。前版のLightroom CCを使っていた方はとくに違和感なく使えるでしょう。補正の手間を大幅に減らせる「範囲マスク」などの新機能には注目です。。

Lightroom CCと比べてパソコンの必要スペックは低く,Windows 7や8.1でも動作します。写真はローカル環境で保存,管理します。前版と比べて,動作が軽くなった印象です。

Adobe Lightroom Classic CCの画面

Adobe Lightroom Classic CCの画面

どのプランを選ぶ? どう使い分ける?

3つのプランから選ぼう

Lightroomを使うには,主に以下の3つから選択します。

  • ① Lightroom CC+クラウドストレージ(1TB)「Lightroom CCプラン」
  • ② Lightroom CC+Lightroom Classic CC+Photoshop CC+クラウドストレージ(20GB)「Adobe CCフォトプラン(20GB)⁠
  • ③ ②と同様で,クラウドストレージが1TBに増えた「Adobe CCフォトプラン(1TB)⁠

①,②は月額980円,③は月額1,980円です(いずれも税別)⁠補正以外の機能面の充実やPhotoshop連携などを考えると,②を選び,必要に応じて③を検討するのがお勧めです。この他,⁠Adobe CCコンプリートプラン」でもLightroom Classic CCを利用できますが,Lightroom CCは含まれません。

使い分けはどうする?

2つの使い分けですが,どのようなシーンや目的で編集するかをあらためて考えてみましょう。

主にパソコンを使い,自宅などでじっくり作品を仕上げたいときは,Lightroom Classic CCがお勧めです。一方で,撮影先で写真を補正・編集をしてすぐにネットにアップしたい,複数の人が共同で編集作業をしたいときには,Lightroom CCが力を発揮するでしょう。


現状では,機能面でLightroom Classic CCが充実していますが,今後Lightroom CCもさらにパワーアップすることが予想されます。2つのLightroomを使いこなし,撮った写真を素敵な作品に仕上げてみましょう。

コメント

コメントの記入