新刊ピックアップ

キーワードは「信頼関係」―Facebookページの本当の使い方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

『今すぐ使えるかんたん Facebookページ 作成&運営入門 改訂2版』

Facebookの中で,会社やお店,個人事業主の方が運営する「Facebookページ」⁠全世界で6,500万ページ以上存在し,すっかり一般に定着したFacebookページですが,重要なのはその「使い方」です。Facebookページの強みを理解して,あなたも集客に活かしてみませんか?

お客様とつながる

Facebookページについて,Facebookをやっている方はご存知でしょうか。名称は聞いたことがなくても,もしかしたら知らずに使っている方もいるかもしれません。Facebookページは,一言で言えばFacebookの「企業用ページ」のこと。会社やお店を運営している方,もしくは個人事業主の方が,販売促進や集客を目的として,Facebook上の人々(既存,もしくは将来のお客様)に向けて情報発信を行っているページになります。

Facebookの名前が付く通り,情報発信の対象はFacebookの全ユーザーです。しかし,Facebookページから投稿すれば,自動的にたくさんの人々に見てもらえる,というわけでは……残念ながらありません。

Facebookページには「ファン」という仕組みがあります。ファンとは,Facebookページに対して「いいね!」を押してくれた人,つまり「Facebookページ」とつながってくれた人のことです。Facebookページで発信した情報が誰に届くのかと言えば,この「ファン」になってくれた方たちに届く,というのが基本的な考え方になります(厳密に言えば,⁠エッジランク」という仕組みによって,投稿が表示されるか否かが決まります)⁠

つながり続けて信頼を得る

より多くの人々に情報を伝えるために,まずはFacebookページとつながってくれるファンを増やすこと。それがFacebookページの最初の課題です。しかし,この課題については本稿の主題ではありませんので,ここではFacebookページの強みをご説明します。

Facebookページの最大の強み。それはファン(お客様)との「信頼」を育む場になる,ということです。Facebookページで投稿すれば,それはファンの方に届きます。さらに,定期的に投稿すれば,そしてそれが質のよい投稿であれば,ファンの方たちは興味を持って見てくれます。それを継続していくと……,そこには,Facebookページに対する「信頼」が生まれてきます。

似たような商品を買うとしたとき,あなたは「信頼している人」「はじめて会う人」とどちらから買いたいでしょうか? 性能がほとんど同じなのだとしたら,当然,⁠信頼している人」から買いたいと思うでしょう。それではもし,⁠はじめて会う人」が少しだけ優れた商品を売っている場合はどうでしょう? ちょっとくらいの差であれば,⁠信頼している人」から買いたい,と思う人も多いかもしれません。

ものがあふれる現代では,他の人と大きな差別化ができる商品やサービスは,そう多くないと言ってよいと思います。そんな中で重要になってくるのは,人と人どうしの信頼関係ではないでしょうか。Facebookページを通してつながり続けること。そして,それによって生まれる信頼関係は,決して一時的なものではありません。信頼関係でつながれたファンの方々は,その言葉通りあなたの「ファン」として,長きにわたってつながりを持ち続けてくれる,大事な人となるのです。

本書の紹介

本書今すぐ使えるかんたん Facebookページ 作成&運営入門 改訂2版は,Facebookページ初心者の方からお読みいただけるよう,基本の使い方から解説しています。さらに,どうすればファンを増やすことができるのか,その実践的な投稿方法までを解説しているので,Facebookページをすでに運営しているけれどうまくいかない,という方にもご参考いただけます。もし,本稿を読んで興味をもっていただけたなら,ぜひ,お手に取ってご覧いただければ幸いです。

画像

コメント

コメントの記入