新刊ピックアップ

簡単にオリジナルの防災地図を作ろう!共有しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

『⁠改訂新版】⁠オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方』

魅力的な地図作成ツールが増えてきた

手軽に利用できるツールが増えてきました。たとえば,スマホの地図アプリAvenza Maps」⁠ビジュアル分析が得意なTableau Public」⁠作成した地図を無料で公開できるArcGIS Onlineなどがあります。

本稿では,北海道室蘭市のオープンデータとArcGIS Online図1を使って,簡単に防災マップを作成&共有する方法を紹介します。

図1 ArcGIS Online

図1 ArcGIS Online

北海道室蘭市のオープンデータをダウンロードする

北海道室蘭市ではむろらんオープンデータライブラリでさまざまなデータが公開されています。ここでは「AEDを設置している事業所」⁠砂箱を設置している場所」⁠災害時に避難場所」を使います。それぞれ同サイトから次のデータ(ZIP形式のShapefile)をダウンロードしてください。

  • AED設置事業所:aed_20170804.zip
  • 砂箱:sunabako_20140220.zip
  • 避難場所:hinanbasyo_20130826.zip

ArcGIS Onlineで防災マップを作成&共有する

それでは,ArcGIS Online上で個人向けのアカウントを作成してサインインしてください。ログインが完了すると図1に戻り,右上に自分のアカウントが表示されているので,左上のタブメニューから「マップ」を選択して,マイマップ図2を表示します。

先ほどダウンロードしたデータを順番に読み込んでいきます。マイマップの左上の[追加]⁠⁠ファイルからレイヤーを追加]を選択して,それぞれのデータ(ZIPファイル)を指定して[レイヤーのインポート]をクリックします。

図2 マイマップ

図2 マイマップ

マークの変更

読み込んだデータは表示するマークを変更することができます。左側の[スタイルの変更]にて,⁠表示する属性を選択する]には「場所のみを表示」を,⁠場所のみを表示]「場所(単一シンボル)⁠を選択します。⁠場所(単一シンボル)⁠[オプション][シンボル]にて変更します(AED設置事業所には[危機管理]⁠⁠緑十字]⁠砂箱には[災害]⁠⁠雪の結晶]を選択しました)⁠

数量を円で表示

また,避難場所は収納人数の大きさに合わせた円で描画してみます。避難場所のデータで[表示する属性を選択する]には「収容人数」を,⁠描画する方法を選択する]には「数と量(サイズ)⁠を選択します。

これだけで図3のような地図が作成できました。

図3 作成した地図

図3 作成した地図

保存と共有

マップを保存するには上部中央の[保存]からタイトルやタグ,説明などを入力して保存します。保存後に上部中央の[共有]にて「マップの短縮リンク」が設定できます。短縮リンクにアクセスすると,図3と同じ地図が共有されているのがわかります。

本書【改訂新版】⁠オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方では,オープンソースソフトウェア(OSS)の地理情報システムの「QGIS」でさまざまな地図の作成方法を解説しています。日々,地図作成ツールは進化しています。併せて,オープンデータは官公庁や自治体が積極的に公開を進めています。これらを活用して,ぜひオリジナルの地図を作成してみてください。