週刊Webテク通信

2012年7月第2週号 1位は,モバイルデバイス対応Webデザインのツールや情報源,気になるネタは,iOSアプリ「レコチョクplus+」のレビューが炎上 - 誤解を招く報道が原因か

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2012年7月2日~2012年7月8日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. Tools and Resources - Helping in Designing Website For Mobile Devices | Web Designing Bloghttp://www.cyberdesignz.com/blog/website-design/tools-and-resources-helping-in-designing-website-for-mobile-devices/

モバイルデバイスに対応させたWebデザインのための,ツールや情報源を紹介しています。

以下の項目に分けて,関連ツールやノウハウ記事を紹介しています。

  1. レスポンシブなグリッド
  2. タッチに対応した処理
  3. フレキシブルで複雑なレイアウト
  4. ナビゲーション
  5. スライダー
  6. スワイプで操作できるスライダー
  7. Retinaディスプレイへの対応

図1 モバイルデバイス対応のツールや情報源

図1 モバイルデバイス対応のツールや情報源

2. マークアップエンジニア だからうれしい Fireworksの使い方あれこれhttp://www.slideshare.net/ssuser99dc16/fireworks-13547089

マークアップエンジニアの視点から,Fireworksを勧める理由を解説したスライドです。

コーディングに役立つFireworks CS6の新機能と,コーディングをスピードアップできるFireworksの拡張機能が紹介されています。

スライスの情報(スライスの名前,幅,高さ,座標)に合わせて,定型のコードを出力できる機能拡張を使えば,imgタグなどが簡単に作れるようで便利そうです。その他にもいろいろな拡張機能が紹介されていて,参考になります。

図2 Fireworksの良さを紹介したスライド

図2 Fireworksの良さを紹介したスライド

3. 10 Useful Responsive jQuery Slider Pluginshttp://www.webdesignbooth.com/responsive-jquery-slider-plugins/

レスポンシブなスライダーを実現するjQueryプラグインを紹介しています。

レスポンシブWebデザインのときに使える可変幅のスライダーは,今後一般的になっていきそうです。

図3 レスポンシブなスライダーのためのjQueryプラグイン10個

図3 レスポンシブなスライダーのためのjQueryプラグイン10個

4. BtoBサイトデザインの最新トレンドはこれ!怒涛のデザインまとめ30選 | BtoBインバウンドマーケティングならガイアックスのINBOUND marketing bloghttp://www.inboundmarketing.jp/blog/2012/07/05/design/

ランディングページ型BtoBサイトの実例を多数紹介しています。シンプルな1カラムで商品やサービスを訴求したサイトが揃っていて,BtoBに限らず商業サイト全般の参考になるでしょう。

ここで紹介されているのは日本のサイトだけですが,海外サイトのトレンドの影響も受けているように感じますね。

図4 ランディングページ型BtoBサイト30選

図4 ランディングページ型BtoBサイト30選

5. 25 Most Beautiful and Fresh Web Design examples for your inspirationhttp://webneel.com/webneel/blog/25-most-beautiful-and-fresh-web-design-examples-your-inspiration

発想のヒントになりそうな美しく刺激的なWebデザインのショーケースです。

この記事で紹介されているサイトに行こうとサムネールをクリックすると,直接リンクせずに1ページ間に挟まるようになっていますね。そのページに広告が入っていて,なるほどと思いました。

図5 発想のヒントになりそうなWebデザインのショーケース

図5 発想のヒントになりそうなWebデザインのショーケース

そのほか,先週の記事の中から,気になるニュース記事を3つ紹介します。

先週の気になるWebサービス

Netvibes - Social Media Monitoring, Analytics and Alerts Dashboardhttp://www.netvibes.com/

iGoogleが2013年11月1日で廃止されることが発表されました。利用者はかなり多かったようで,代わりとなるサービスを探しているという声をよく見かけます。

そこで最近話題となっているのが,Netvibesというサービスです。iGoogleと同様に自分専用のスタートページ/ポータルページを持てるサービスで,デザインをカスタマイズしたり,フィードやウィジェットを追加することができます。

一応日本語化もされており,ニュース系のウィジェットなどには日本のサイトのものも用意されています。Gmail,Googleカレンダーのウィジットもありますし,Twitter,Facebookをチェックできるものもあります。

有料プランもあり,ソーシャルメディアのモニタリングツールとしての機能に力を入れいてるようですが,iGoogleの代わりとして使うには無料プランで十分のようです。

とはいえ,ベースは英語のものなので,そこかしこに英語が出現しますし,検索結果がGoogle.comのものだったりと,細かいところで日本向けのサービスじゃないところが気になる人も多そうです。

完全に日本向けのものがいいという人には,My Yahoo!のほうがおすすめかもしれません。また,-まとみ-という同様のサービスもあるようです。

図6 iGoogleの代わりになりそうなサービスNetvibes

図6 iGoogleの代わりになりそうなサービスNetvibes

今週の気になるWebネタ

iOSアプリ「レコチョクplus+」のレビューが炎上 - 誤解を招く報道が原因か | 携帯 | マイナビニュースhttp://news.mynavi.jp/news/2012/07/02/148/index.html

音楽配信サービス「レコチョク」のiPhone向けアプリ「レコチョクplus+」が登場したのですが,このアプリ内でソニーの楽曲が聴けるため,⁠ソニー,アップルに楽曲配信 販売増へ戦略転換」といった記事が日本経済新聞に掲載されました。

この見出しを見ると,ソニーの楽曲がiTunes Storeで販売されるようになったと思いますよね。わたしもネットでこの記事を見てそう思いました。喜び勇んでFacebookでシェアしなくて良かったなと,実はそうじゃないという記事を見てほっとしました。

小室哲哉がソニー系レーベルの楽曲をiTunes Storeで販売するように呼びかけるツイートをしていたので,それが効いたのかなと思った人も多いことでしょう。TMネットワークも所属していたレーベル「エピックソニー」には,いいアーティストが多かったので,それらの曲がiTunes Storeで販売されたら購入する人は多いんじゃないでしょうか。

80~90年代アイドルもソニー系レーベルの人が多かったので,個人的にはそういった楽曲の配信にも期待したいですね。

著者プロフィール

芦之由(あしのよし)

Webデザインやサイト制作に役立つブログ記事やニュースをほぼデイリーでお届けするメルマガ「デイリーWebテク」発行人。フリーのWebデザイナー兼イラストレーター&ライター。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザー。嫌いな言葉は「IEで見ると表示が崩れてるよ」。

デイリーWebテクの購読やバックナンバーについては,以下の紹介サイトをご覧ください。

デイリーWebテク - Webテク関連の話題を毎日配信 -
URLhttp://www.rgs680.com/dwt/

コメント

コメントの記入