大和ハウス工業株式会社+TeamSite CMS導入によるサイト運用の改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

大和ハウス工業株式会社(以降大和ハウス)は,1955年に創業した住宅総合メーカです。

戦後復興時におけるパイプハウスの建築からスタートし,日本初となる横断歩道やミゼットハウスの開発を行ってきました。

現在は,「人・街・暮らしの価値共創グループ」のリーダとして,戸建住宅や分譲マンション,賃貸住宅建築を核とした「Housing(ハウジング)」領域,商業建築,医療介護施設や物流施設などの建築,不動産開発を核とした「Business(ビジネス)」領域の事業を展開しています。

2007年5月,コーポレートサイトおよびプロモーションサイトとしてのWebを強化すべく,CMSの導入を実施しました。

今回,同社総合宣伝部デジタルメディアグループグループ長 大島茂氏,同グループ主任 古庄健氏,同グループ 小泉英里氏,情報システム部 中野研氏に,CMS導入の経緯から効果までを伺いました。

(写真:蝦名 悟)

(写真:蝦名 悟)

大和ハウスとしてのWebサイト

早くからインターネットに取り組む

大和ハウスは,'95年からWebサイトを立ち上げています。大島氏は当時を振り返り,次のように述べました。

「私たちのサイトは'95年から開設しています。当時は,広報室,販促室(現総合宣伝部),情報システム部の有志が集まり,社内でサーバを立ち上げていました。当時から神戸大学工学部へ研究員として社員を派遣するなど,インターネットおよびネットワークへの取り組みを積極的に行っていたこともあり,社内的にWebに対して前向きだったと思います」。

Webサイトを開設する前からインターネットへの取り組みがスタートしており,社内システムのネットワーク化も図っていたとのことで,役員を含めてWebに対する意識・リテラシーが高かったことが伺えます。

ユーザに対するアプローチ

「私たちがWebサイトを立ち上げた目的の1つが,セールスプロモーションの場として展開することです。現在のサイトでは,資料請求の獲得,または現場来場を促すための情報発信を行い,ユーザに対するアプローチを行っています」(大島氏)。

一般的に,Webでセールスプロモーションを行う場合,ゴールの定義が難しい場合が多くありますが,住宅事業という視点で見た場合,「ユーザのプロフィールを獲得すること」「自社の商材を的確に伝えること」というように,ゴールを明確に設定できるという強みがあります。さらに,住宅展示場に代わる探客ルートとしてWebサイトを活用することを目指しています。

「実のところ,Webサイトに求める目的はまだ完全に整理しきれていないところもあります。たとえば,コーポレートサイトとプロモーションサイトの切り分けなどです。この点を含め,今後見直しながら最適なゴールに近づけていきたいです」(大島氏)。

CMS導入の経緯

なぜCMSが必要だったのか?―運用体制の見直しとリスク管理

Webサイトでセールスプロモーションをするにあたり,とくに重要だったのが各地域ごとの情報を最適なタイミングで的確に発信することでした。

同社のサイトは,CMSを導入する前まで,現在の総合宣伝部のようなWebに関する主管部署がありませんでした。各部署からの委員による委員会を構成し,そこで扱う情報などの検討が行われ,Webサイトのコンテンツは情報システム部に集約してからFTPを使って手作業で更新する体制を取っていました。そのため,

  • 情報更新作業とフローの複雑化
  • 履歴管理を含めたファイル管理ができていなかった
  • データのバックアップが取れず,過去のページに戻せない

といった管理面の課題がありました。

また,全国区の事業所展開を行っており,各事業所間における情報の共有および運用体制の効率化が必要だったそうです。

「弊社の場合,本社の情報と各事業所の情報を比較した場合,分譲住宅や分譲マンションなどの情報は各事業所が有しており,現場本社よりも多くの情報を有しているという特徴があります。さらに販売に関するイベントやキャンペーンなどは,本社から指示を出すのではなく,現場で決めて実施するものがほとんどです。こうした情報をユーザに対して的確に発信するためには,情報を本社に吸い上げるだけではなく,現場から直接発信できるような方法が必要だったのです」(大島氏)。

これらを解決するための手段として,CMSによるWebサイトの運用が検討されました。

大島 茂氏

大和ハウス工業株式会社 総合宣伝部
デジタルメディアグループ グループ長

「CMS導入がきっかけとなって,ワークフローやコンテンツオーナーの権限の明確化など,サイトの運営が近代化されてきたように感じます」

TeamSiteを選んだ理由

CMS導入が決まってから,今度はどの製品を使うかが検討されました。検討に際し,各製品のユーザの声を聞いたうえで製品を比較しました。

  • 短期間の導入で早期運用を実現する

    • 国内導入実績
    • 国内のサポート体制

    などの項目を総合的に判断し,TeamSiteを選んだとのことです。

    「さまざまな製品を比較して,既存システムからの移行期間,柔軟なカスタマイズ,ユーザ会の活発さなどを判断したうえでTeamSiteを選びました。

    また,CMSの選択も重要なポイントですが,それに加えて,実際にシステムを構築する企業選びも重要でした。TeamSiteでほぼ決まったとき,実はまだ関西でTeamSiteを扱えるSIerがありませんでした。そこで,実際に開発できる実力を持った方に担当してもらうことも,需要な選択肢の1つでした」(大島氏)。

    これはCMS導入にあたって非常に重要なポイントです。製品の選択はもちろん重要ですが,それとともにどの企業がどうやってシステムを構築するかも大切なのです。

  • バックナンバー

    CMS

    • 大和ハウス工業株式会社+TeamSite CMS導入によるサイト運用の改善

    コメント

    コメントの記入