YouTube,Huluに代わる動画プラットフォームを目指すBoxee

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Boxeeベータ版登場

2009年12月7日にニューヨーク,ブルックリンにある音楽ホールでBoxeeのベータ版発表会が行われた。Boxeeはネット上の動画やPC内の動画コンテンツを手軽にWindows Media CenterやApple Remoteのように一元管理,操作を可能にするソフトフェア。この一サービスのベータ版の発表会に600人を超える参加者が集まり,会場は驚くほど混雑していた。動画プラットフォームというポジションを目指すBoxeeのサービス,当日発表されたBoxee独自のセットトップボックス,そしてBoxeeの持つ可能性について紹介したい。

図1 Boxee

図1 Boxee

動画プラットフォームを狙うBoxee

Webの記事にアクセスするにはブラウザを利用する。では,ネットの動画コンテンツにアクセスするには?ネット上の動画をブラウザ経由ではなく,パソコンにインストールされた独自のクライアントソフトからアクセスしてしまおうというのがBoxeeの試みだ。 リモコンなどの単純な操作で動画コンテンツをGUIで楽しめるソフトとしてWindows Media CenterやApple Remoteといったサービスがある。しかしどちらもPC内に保存されたコンテンツの再生を主目的としており,ネット上のコンテンツを自由に扱えるわけではない。

Boxeeではネット上の動画コンテンツ,たとえばYouTube,Huluで視聴できる映画,テレビ番組コンテンツ,CNNのニュースなどに手軽にアクセスできる。各サービスごとにお気に入りを管理する必要もなく,画面がハイビジョンテレビ用にも最適されているため,PCをテレビに接続してセットトップボックス代わりに利用することも簡単だ。

図2 写真閲覧

図2 写真閲覧

図3 動画閲覧

図3 動画閲覧

図4 テレビ番組閲覧

図4 テレビ番組閲覧

Boxee経由でこうしたネット上の動画コンテンツにアクセスすることができるようになると,動画サービスが持つプラットフォームとしての力が削がれることになる。動画内で再生される広告はそのままBoxee経由でも再生されるが,動画以外のベージ内に設置されているバナーやコンテンツマッチ広告はユーザーの目に触れることなく素通りされてしまう。またYouTubeやHuluが持っている編成権,ランキングの表示だったり,コメントの表示,関連動画の一覧表示などによるサイト内の回遊性を保つ努力がBoxee経由では無効となってしまう。

BoxeeはYouTubeやHuluが持つ動画プラットフォームとしての力を削ぎ,YouTubeやHuluが単なるBoxeeへのコンテンツの提供者となってしまい,代わりにBoxeeが動画プラットフォームとしての地位を得ることになる。

そのため今年の2月,HuluがBoxeeからのアクセスを遮断するという出来事が起こった。これに対抗して,BoxeeはブラウザをBoxee内で立ち上げ,そのブラウザ経由でHuluのコンテンツを再生してしまうという荒技で回避を行っている。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

バックナンバー

標準

コメント

コメントの記入