新春特別企画

アメリカ西海岸発,2010年注目WebサービスBest 5

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ネットベンチャーのメッカ,アメリカ西海岸

ここサンフランシスコを中心としたアメリカ西海岸では,多くのネットベンチャー企業がしのぎを削り,日々新しいサービスが現れ,そして消えていきます。2009年も多くのスタートアップがさまざまなアプローチからWebサービスをリリースしました。今年の年頭に当たって,その中でも最も注目度の高いサービスBest 5をピックアップしてみました。

多くのベンチャーが参加するイベント「SFNewTech」

今回ご紹介するのは,サンフランシスコ市内で月に1度のペースでネットベンチャーが自社のサービスに関してのプレゼンを行うイベント,SFNewTechにおいて,2009年に紹介された5社です。同イベントには累計で200社以上,2009年度だけでも実に102もの会社が厳しい事前審査をくぐり抜け,プレゼンの機会を獲得しました。ここでは,その中から"これはいける!"と思う注目のサービスを厳選し,カウントダウン方式で紹介していきます。

図1 SFNewTechの模様

図1 SFNewTechの模様

2010年にヒットするための4つのポイント

それぞれのサービスを紹介する前に,ヒットするために必要不可欠と思われる4つのポイントを説明したいと思います。これらは,こちらアメリカ西海岸のスタートアップや投資家の間では,サクセスフォーミュラとして特によく語られている点です。

1.リアルな日常生活とつながっている
オンライン上だけで全てが完結するサービスは,今後あまり多くの注目を集めることは望めません。テクノロジー的な限界が見えたり,似たようなサービスがすでに出尽くしている感もあり,あまり革新的なものは生まれにくいように思えます。2010年は,より日々の生活に密接に関連したサービスが流行る傾向にあります。Webを使って日常生活をどれだけより良いものにするか,がアメリカでは注目されています。
2.サービス内容がわかりやすい
数年前までは,どれだけの機能が実装されているかが勝負のような感がありましたが,それも最近は一段落し,これからは一目でサービス内容がわからなければユーザは離れて行きます。英語で言うところの"Less is More"がコンセプトになります。
3.二番煎じではない
サンフランシスコ/シリコンバレーは,Google, Twitter, Facebook等,大ヒットサービスの誕生の地であるからなのか,未だに多くのスタートアップが彼らに似通ったタイプのサービスモデルを展開しています。しかしながら,既存のサービスの改良版的なものをリリースしても,すでにプレイヤーは出そろっており,後発での成功はかなり難しいと思われます。したがって,"XXXっぽいサービス"は敬遠される傾向にあります。
4.ユーザビリティが高い
非常に基本的で普遍的なポイントですが,やはりWebサイトにおけるユーザビリティは何よりも重要です。特にややこしい事をいやがる国民性のアメリカでは,わかりやすく使いやすいサイトでなければユーザは定着しません。どんな時代でも直感的に扱えるサイトが重要になります。

2010年の注目WebサービスBest 5

それではお待ちかねのランキングの発表です。

【第5位】NationalBLS(ナショナルBLS)

まず第5位は, あまりネットとは縁の薄い不動産物件売買に関連するサービスです。アメリカの不動産業界は21世紀に入ってからもまだまだ保守的で,アナログな側面が色濃くあります。数年前より,TruliaRedFinなどのオンライン不動産物件検索サイトの人気が高まってはいますが,昨今のサブプライムローン問題もあり,最近では家を売る側もバイヤーの審査に非常に敏感になっています。実際に買い手が見つかったけれども,ローン審査で却下されたケースも珍しくありません。そこで登場したのがこのサイト,www.nationalbls.com/">NationalBLSです。

図2 NationalBLSのページ

図2 NationalBLSのページ

このサイトの特筆すべき点は,買う側が自分の欲しい物件の詳細を記載し,事前に各種金融機関より承認されているローンの借り入れ上限額を提示するところです。それに対して売る側がコンタクトをするという仕組みなので,商談がまとまった後でローンが組めない等の事態をさける事ができます。実際の売買にはプロのエージェントと呼ばれる不動産業者の仲介が必要になります。そこでNationalBLSでは,そのようなエージェント向けにプレミアムアカウントを開設しており,これを収益源としています。不景気で不動産業界が非常に苦しい時代には最適なサービスかも知れません。

図3 購買希望者の情報が詳しく表示される

図3 購買希望者の情報が詳しく表示される

著者プロフィール

Brandon K. Hill(ブランドン・ヒル)

サンフランシスコに本社を置くグローバルクリエイティブエージェンシー, btrax(ビートラックス)CEO。

Website:http://www.btrax.com/jp
blog:http://blog.btrax.com/jp
Twitter:@BrandonKHill

コメント

コメントの記入