新春特別企画

ネット空間と読書スタイルの変化への対応~2017年の電子出版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新年おめでとうございます。

2017年を迎えました。今年は,電子出版業界はもとより,世の中に多大なる影響を与えたiPhoneが登場してから節目となる10年目の年。はたして,日本の電子出版市場はどうなるのか,昨年を振り返りながら今年の展望について考察します。

過去のコラムについては以下をご覧ください。

2016年も市場は拡大傾向,伸び率はやや増加

まずは今回も最新の市場規模を振り返ってみます。まずは,インプレス総合研究所が昨年7月に発行した電子書籍ビジネス調査報告書2016の数字から紐解いてみます。

こちらの資料によれば,2015年の電子書籍市場規模は1,584億円,電子雑誌市場規模は242億円,両者を合わせた2015年の電子出版市場規模は1,826億円と,2014年の1,411億円から415億円(前年比約29.4%)増加となっています。

ちなみに,2014→2015年は398億円(前年比約39.2%)の増加という結果を残しており,これらの数字から金額規模としては増加,前年比の伸び率はやや鈍化ということがわかりました。

また,昨年のこのコラムでも取り上げたように,2015年からは全国出版協会が「電子出版統計調査の本格実施」をすることを発表しており,さっそく同団体が発行する出版月報 2016年 1月号にて,2015年の電子出版市場規模が発表されています。

こちらの調べでは,2015年の電子出版市場規模は1,502億円,前年比359億円(31.3%)増となっております。前者の数字に比べ,2014,2015年の数字とも低くなっている点については,調査対象・方法の違いによるものと類推されますが,いずれにしても電子出版市場が継続して拡大している結果となっています。

伸長は続けるも,その数字は鈍化?

一方で,その伸び方について,筆者はやや落ち着いてきた,誤解を恐れずに言えば鈍化してきたようにも感じています。まずは,改めてインプレス総合研究所が発行している『電子書籍ビジネス調査報告書』から2013年度版以降の数字を引用してみます。

まずは,同報告書に掲載されている2013~2016年度版の予測値および確定値を1つの表にまとめてみました。

確定値2013年度版2014年度版2015年度版2016年度版
2013年1,013930
2014年1,4111,2501,390
2015年1,8261,6601,8801,890
2016年2,0402,4102,3502,280

単位は億円,太字が確定値

少々わかりづらいかもしれませんが,2013年の予測よりもすべての年度において実際の市場規模は大きくなった一方で,2014年,2015年の予測より,2015年の実際の規模が低くなっているのが見て取れます。

条件を限定した見方ではありますが,こうした予測の差が出た理由として,2012年以降の楽天Koboを筆頭にAmazon Kindle,Google Playブックスなどの電子書店がオープンしたことに加えて,各種電子コミックサービスの登場や電子雑誌のサブスクリプションモデルなどの新たな流通の誕生により,関係者たちの予測以上の電子出版市場拡大がなされた一方で,2015年以降,その動きは安定化し,誤解を恐れずに言えば大きな変化がなく,緩やかな市場拡大につながったのではないか,と筆者は考えます。

さらに話を飛躍させると,従来の紙の書籍・雑誌の電子化のみによるビジネス規模・市場は,現在の成長率が限界値であるのではないかと考えます。限界値と書くと否定的に捉えられるかもしれませんが,紙の出版市場が縮小する中,電子出版市場は継続して拡大している点は非常に重要です。出版に関わる立場としては,この点については引き続き体制を整備し,継続して拡大させていく必要があるでしょう。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入