新春特別企画

次の10年に向け,持続する電子出版ビジネスを~2020年の先の電子出版ビジネスを考える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

令和最初の新年があけました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さっそくですが,今回で10回目となる電子出版ビジネスの展望についてまとめてみます。

過去のコラムについては以下をご覧ください。

再度伸び率が高まり,次のフェーズへ動き出した電子出版ビジネス

まずは例年と同じく,今年も総合研究所が発行した最新の電子書籍ビジネス調査報告書2019※1』の数字から紐解いてみます。

2018年度は見込みより市場規模が大きくなった

電子出版総合電子書籍電子雑誌前年からの伸び
2015年1,8261,584242415
2016年2,2781,976302452
2017年2,5562,241315278
2018年3,1222,826296556
2019年3,6223,332290500

単位は億円,2019年は予測値

※1の文献の調査数字(推計値)は,今の形式での発表(2014年以降)になってから5年連続で市場規模は伸長しています。

その中で筆者が注目したいのが,同調査の予測値と,発表された推測値の違いです。2015~2018年度の前年の予測値(左)と当年の推測値(右)の比較です。

  • 2015年:1,890億円→1,826億円
  • 2016年:2,280億円→2,278億円
  • 2017年:2,630億円→2,556億円
  • 2018年:2,875億円→3,122億円

ご覧いただくとわかるように,2015~2017年の数値はすべて推測値が下回っています。※1の調査報告で電子出版市場が1,000億を超えてから予測値より推測値が大きくなったのは初めてです。また,伸長額も増加しています。

調査の仕方や集計など,細かく精査する必要はありますが,報告書の形として予想よりも上方修正となる結果が出たことは,ここ5年緩やかな伸びであった電子出版市場の成長が,再度,成長軌道に乗り始めた兆しではないか,と,筆者は良い意味に捉えています。

EPUBおよびEPUBリーダーの動向

次に,電子コンテンツの核であるEPUBについて動向を見てみましょう。

EPUBは成熟の時期

2019年,EPUBのバージョンについては大きなアップデートはありませんでした。2017年1月5日にEPUB 3.1がIDPFにRecommended Specicationとして承認され,同31日にIDPFがW3Cへ統合,現在はW3C配下で開発が進められています。バージョンに関しては,2019年12月現在,3.2がFinal Community Group Specificationとなっており,Working Draftへの動きが見えてきました。

また,EPUBをチェックするEPUBCheckは,2019年は大きな変化はなく,2018年11月にリリースされたEPUBCheck 4.1が,商用コンテンツで利用されることが多くなっています。

その他,EPUBに関連する動向として,とくに日本がリードして取り組んできたCSSの縦書きスタイル「CSS Writing Models Level 3」が,2019年11月に勧告されたことは,EPUBの観点からも大きな展開と言えるでしょう。

EPUB制作ツールとフローの変化

EPUBを作る体制,とくにEPUB制作ツールとフローはどうだったでしょうか? 日本の電子出版市場という観点で言うと,コミックやレイアウトが複雑な実用書(解説書)では固定型EPUBが主流になりつつあります。

一方,筆者が所属する技術評論社が提供するコンテンツのうち,プログラミング解説書や専門性の高い技術解説書のように,検索性が求められるもの,また,文芸やビジネス書など,レイアウトがシンプルなコンテンツでは,リフロー型EPUBを積極的に制作する出版社が増えてきました。

参考までに,技術評論社は2019年,344点の電子コンテンツ(書籍・雑誌)を配信し,そのうち134点がリフロー型でした。

現在,多くの出版社ではサイマル(紙と電子の発売日を合わせること)発売を実施したり,ときに,電子版を先行発売する動きも見えてきました。この傾向から,これからますます,電子出版ビジネスを核に考える出版社(とくに紙から電子コンテンツを制作する出版社)を中心に,コンテンツプロバイダー側での制作ツールとフローの強化と整備が必要となるでしょう。

EPUBPack登場

その中で,2019年注目したいツールが,イースト株式会社がリリースしたEPUBpackです。EPUBPackは,テキスト埋込み型のPDFをリフロー型EPUBへ半自動制作できるツールで,InDesignによる書籍制作をしている環境と非常に相性が良いのが特徴です。

さらに,制作したEPUBデータをクラウドで管理できるため,データの運用管理を効率的に行えます。

ただし,レイアウトが複雑な場合はやはりまだツールを利用した自動生成は難しく,出版社での内製あるいは印刷所でのEPUB制作,外部パートナーによる制作発注など,⁠リフロー型EPUB」をしっかりと作る体制の整備が求められます。

技術評論社の場合,電子出版ビジネスに参入してから,株式会社リ・ポジションとの協業を継続し続けている他,2017年にはNPO法人あおもりIT活用サポートセンターの電子書籍制作ギルドへ参画し,出版社として,質の高いリフロー型EPUB制作体制の強化に日々努めています。

EPUBリーダーの今とこれから

EPUBトピックの最後は日本におけるEPUBリーダーの現状,とくに,Windows PC環境でのトピックについて取り上げます。

Microsoft Edge,EPUB対応を中止

2018年にレンダリングエンジンをChromiumに変更し,その後の動きに注目が集まったWebブラウザ「Microsoft Edge⁠⁠。電子出版業界としてはEPUB対応に注目が集まっていました。しかし,2019年8月,MicrosoftはEdgeでのEPUB対応終了を発表し,現在は,EdgeでEPUBコンテンツを閲覧できなくなりました。

そもそもWindows PCでは,定番となるEPUBリーダーが少ないと言われている中,OS標準のブラウザとしてEdgeへの期待が高かった分,残念なトピックでした。

Webブラウザ型EPUBリーダー「Bibi」,v1.0.0リリース

とは言え,他にはGoogle Chromeの拡張であるRedium,また,Rediumから派生したThorium Readerなど,実用度の高いEPUBリーダーは存在します。

そのような中,2020年に入り,注目のニュースが発表されました。Web版EPUBリーダー「Bibi」バージョン1.0.0の正式リリースです(旧名:BiB/i⁠⁠。

Bibiは2014年から開発が進められており,2020年1月4日,正式バージョンリリースの運びとなりました。

EPUB3準拠の他,JavaScriptベースでの開発により,多くの環境で利用できること,開発者が日本人であることで日本語の縦書きやリフローに対応していること,など,日本のEPUBリーダーとして,リリース以降,注目を集めていました。

そして,今回の正式バージョンでは,リーディングパフォーマンスの向上,大幅な高速化がなされているのが大きな特徴です。

開発者の松島氏もリリースにあたって「記念碑的なバージョンにふさわしい大きなアップデートの目玉は,大幅な高速化です。とくに,最初のアクセスから読み始められるようになるまでの速度は,200ページほどの一般的な漫画単行本をサンプルとしたテストで 4,000% の高速化を果たし,アクセスから2秒で読めるようになりました」コメントしています。

スマートフォンで電子書籍を閲覧することが増える中,PC,とくにWindows PCで電子書籍を読みたい方は,ぜひ一度Bibiを試してみてはいかがでしょうか。

Bibi
URL:https://bibi.epub.link/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧