ロクナナワークショップ NEWS & REPORT

レポート「Spark67 Part2 Edge ActionScript Libraries」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

6月19日(金)東京・代々木にてSpark67 Part2 Edge ActionScript Librariesが開催されました。

今回のイベントは ロクナナワークショップとFlash・ActionScript開発のためのオープンソースコミュニティ Spark Projectのジョイント企画として,昨年末に行われたSpark67 Edge ActionScript Librariesの第2回目となるイベントです。

Spark67 Part2 Edge ActionScript Libraries

Spark67 Part2 Edge ActionScript Libraries

スピーカーは,Spark Projectを代表するコミッター Katamari Inc.Saqoosha(さくーしゃ)氏と株式会社ロクナナ加茂雄亮(かもゆうすけ)氏。

オーガナイザーは,ロクナナワークショップの講師 大重美幸(おおしげよしゆき)氏と,BeInteractive!のActionScriptエンジニアでありSpark Projectの代表 新藤愛大(しんどうよしひろ)氏が務めました。

大重美幸氏

大重美幸氏

「FITC Toronto 2009」活動報告

まずは新藤氏による,Spark Projectの紹介と先日,カナダのトロントで行われたFlashの世界最大級のイベント,FITC Toronto 2009※1)」にSaqoosha氏と新藤氏がスピーカーとして参加した際の模様の報告がありました。

新藤愛大氏

新藤愛大氏

新藤氏とSaqoosha氏はCool Japanese Flashというセッションに日本人スピーカーとして招待され,セッション内でwonderfl/progression/Spark Project/FLARToolKitなどの話をしたことが当日の会場の様子の写真と共に紹介されました。

加茂雄亮氏(左)Saqoosha氏(中央)新藤愛大氏(右)

加茂雄亮氏(左)Saqoosha氏(中央)新藤愛大氏(右)

※1)
FITC Toronto 2009の様子はAdobe Edgeにレポートがアップされています。

JSFL(Flash JavaScript API)AtoZ

Session 1では加茂雄亮氏によるJSFLの解説と具体的な使い方が紹介されました。

JSFLとは

JSFLとはFlash JavaScript APIの略称でAdobe Flash CS4 Professionalを拡張するための機能であり,Flashアプリケーションのオーサリング環境で実行されるスクリプトです。

アプリケーションの基本動作(ファイルを開く・パブリッシュなど)をJavaScriptで制御することができ,複数のflaファイルを一気にパブリッシュするなど,オーサリング業務を効率化することが可能になります。

加茂雄亮氏

JSFLを使おうと思ったきっかけ

加茂氏は以前,自分が担当する案件で「300個のflaファイルをswfに書き出しする」という作業を行う事態になったときに「なんとかして自動化したい」という思いがJSFLを使用するきっかけになったとのことです。

確かに多数あるflaファイルを1つずつswfにパブリッシュするのは,非常に手間であり時間もかかります。しかも,それを修正がある度に行わなければならないとなると「何か別の方法はないのか?」と考えるのが自然です。

加茂雄亮氏

JSFLの基本

JSFLは,OSによってJSFLコマンド(.JSFLファイル)の設置場所が異なるそうです。

OSごとのJSFLの設定場所

JSFLコマンドの登録ディレクトリ
Win Vista :
ブートドライブ\Users\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS4\言語\Configuration\Commands

Win XP :
ブートドライブ\Documents and Settings\ ユーザー名\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS4\言語\Configuration\Commands

Mac OS X :
Macintosh HD/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Flash CS4/言語/Configuration/Commands

この所定の場所にJSFLファイルを設置することにより,JSFLを自動的に登録したことになり,Flashの上部メニューの「コマンド」から実行できるようになります。

JSFLは「コマンド」から実行

JSFLは「コマンド」から実行

ActionScriptとはシンタックスは多少異なるものの,JSFLはJavaScriptなので基は同じECMAScriptですからActionScriptを書いている人であれば簡単に理解できるでしょう。

著者プロフィール

ロクナナワークショップ(ロクナナワークショップ)

アドビ認定トレーニングセンター ロクナナワークショップでは,Web業界の第一線で活躍中の講師陣による,実践的な講座を開講しています。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する,PCを操作しながらの集中トレーニングです。

また,各方面で活躍中のクリエイターをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントも開催しています。学生割引もありますので,是非一度参加してみてください。

URL:http://67.org/ws/

コメント

コメントの記入