ロクナナワークショップ NEWS & REPORT

「Yahoo! JAPAN×ロクナナワークショップ クリエイティブカレッジ」レポート(セッション2)―アニメーション セッション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

クリエイティブカレッジはYahoo! JAPANと,ロクナナワークショップYahoo! JAPANインターネット クリエイティブアワード2009のプレイベントとして開催した1日限りの無料セミナーです。

アニメーション セッション

Yahoo! JAPAN×ロクナナワークショップ クリエイティブカレッジ2つめのセッションは,面白法人カヤックのアニメーター 嶋田俊宏(しまだとしひろ)氏をゲストに迎えたアニメーション セッション 書籍には掲載できないWebアニメテクニックだ。

面白法人カヤックといえば,様々なオリジナルキャラクターを生み出し,ユニークな自社サービスを展開することでご存じの方は多いのではないだろうか。今回は嶋田氏より,Flashのモーショントゥイーン機能を使ったWebアニメーションの制作テクニックが紹介された。

嶋田俊宏氏(左)佐々木京子(右)

嶋田俊宏氏(左)佐々木京子(右)

本セッションは,生きた動きの作り方クライアントがうなった演出爆速!!!アニメーション制作術 の3部構成となっており,嶋田氏のアニメーションへのこだわりや,制作の裏側が見られるお得なセッションとなった!

生きた動きの作り方

クライアントに「キャラクターの手を動かしてくれ!」と頼まれると,手だけを動かして満足しがちだが,それでは動きが死んでしまうという。生きた動きを演出するには,手だけではなくそれ以外の体全体に動きをつけることが重要だと,嶋田氏の手がけた「トヨタ自動車」のキャンペーンキャラクターデコクレを例に見せてくれた。

手だけを動かす(左)体全体を動かす(右)

その差は歴然。同じ動きをしているにも関わらず,体全体に動きをつけたキャラクターは,より自然で生きた動きが表現されている。

また,キャラクターのなめらかな動きを表現する上で活躍しているのが,Flashのモーショントゥイーン機能だ。嶋田氏曰く,モーショントゥイーンを使うと制作スピードが上がりその後の修正がしやすいという。

ちなみに「デコクレ」「トヨタ自動車」が2009年2月に開始したキャンペーンで,戦略として「車を見せずに車を売ろう!」とキャラクターを全面に押し出したという。実際サイトを見ても車の写真がなかなか出てこない。それよりも,シンプルなデザインの中に引き立った,コミカルなキャラクターの動きに目を取られ,車を見に来たことも忘れクリックしてしまう。そしていつの間にか,その空気感を連想させる車を見たくなってしまう。

こういったキャラクターの動きは,クライアントと制作者の間で意志の疎通が難しいが,嶋田氏ははじめに時間はかかってもモックを作ってしまった方が効率的だという。Web担当者は絵コンテでは動きをなかなか理解しにくく,余計に時間がかかってしまう事が多いので,早い段階で動きのすりあわせを行うとその後の作業がスムーズに進むそうだ。

デコクレのモック

デコクレのモック

実際にデコクレのモックを見せてくれたが,動き1つに対してもバリエーションが用意されていたり,アニメーションの合間に挟む細かな動きまで作り込まれ,それぞれボタンに割り当てられていて,これなら伝わりやすそうだ。

また,生きた動きとはキャラクターアニメーションだけに言えることではないという。カヤックの新人社員が作ったワイングラスを左右に揺らす動きのアニメーションと,嶋田氏の作ったワイングラス全体を傾けながら左右に揺らす動きのアニメーションを並べて見せてくれた。

カヤック新人社員作(左)嶋田氏作(右)

こちらもその差は歴然だ。この2つのサンプルからも,生きた動きとは動かそうとしている部分はもちろんだが,それ以外の部分を絶妙なバランスで動かしてあげることが重要なのがよくわかる。

著者プロフィール

ロクナナワークショップ(ロクナナワークショップ)

アドビ認定トレーニングセンター ロクナナワークショップでは,Web業界の第一線で活躍中の講師陣による,実践的な講座を開講しています。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する,PCを操作しながらの集中トレーニングです。

また,各方面で活躍中のクリエイターをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントも開催しています。学生割引もありますので,是非一度参加してみてください。

URL:http://67.org/ws/

コメント

コメントの記入