ロクナナワークショップ NEWS & REPORT

レポート「Ameba×ロクナナワークショップ One Day College」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2010年1月22日(金)⁠株式会社サイバーエージェントと,ロクナナワークショップは共同で,Amebaのサービス企画及び開発の裏側を紹介する1日限定の無料技術カンファレンスAmeba×ロクナナワークショップ One Day Collegeを開催いたしました。

各セッションの様子は,ロクナナワークショップイベントサイトにて,映像で公開されています。

マネージメントセッション

1つめのセッションは,Ameba事業本部ゼネラルマネージャー 武石幸之助(たけいしこうのすけ)による「マネージメントセッション:ブログ,芸能人,ピグ,モバイル…Amebaってどうやってビジネスしているの?」だ。

一般的にWebサービスやコンテンツは,事業化が難しいと言われている。そんな中,Ameba事業の収支は,今期,ついに黒字となった。

本セッションでは,事業化を達成したAmebaをケーススタディーとして,インターネットのメディアが,どのようにビジネス展開へ発展するのか,解説された。

マネージメントセッション
http://event.67.org/?p=1691

画像

データベースセッション

2つめのセッションは,Amebaデータベースエンジニア 岡田達典(おかだたつのり)による「データベースセッション:ココまでできるの!?Amebaを支えるMySQLシステム構築」だ。

AmebaのデータベースはオープンソースのMySQLであり,運用しているハードウェアは自作のシステムでできている。

本セッションでは,Amebaで実際に行ってきたMySQLでのSQLチューニングや,レプリケーションを利用したスケールアウト方式,ストレージエンジン別のチューニングの違い,MySQLでのバックアップ/リカバリ,MySQLの性能監視やデータベースの運用を可視化する方法などについて解説された。

データベースセッション
http://event.67.org/?p=1699

画像

アメーバピグサーバセッション

3つめのセッションは,Amebaサーバエンジニア 名村卓(なむらすぐる)による「アメーバピグサーバセッション:FlashとJavaで作る アメーバピグの裏側」だ。

アメーバピグのサーバーはJavaで動いている。

本セッションでは,大量の同時接続を処理するためのJavaのテクニックや,KeyValue型の分散データベース,安価なサーバーでスケールアウトするためのアプリケーション設計など,アメーバピグを支える裏側の技術について解説された。

アメーバピグサーバセッション
http://event.67.org/?p=1702

画像

アメーバピグインターフェイスセッション

最後のセッションを飾るのは,Amebaインタラクションデザイナー 浦野大輔(うらのだいすけ)による「アメーバピグインターフェイスセッション:Flashで2.5Dアバターチャット アメーバピグの作り方」だ。

アメーバピグのインターフェイスはFlashで作られている。

本セッションでは,Flashで2.5Dの世界観を表現するための技術,大量のデータを描画するための軽量化/高速化のテクニック,チーム開発のための自作フレームワークと設計,運用開発をサポートするAIRアプリケーションなど,アメーバピグのビジュアルと開発スタイルについて解説された。

アメーバピグインターフェイスセッション
http://event.67.org/?p=1704

画像

著者プロフィール

ロクナナワークショップ(ロクナナワークショップ)

アドビ認定トレーニングセンター ロクナナワークショップでは,Web業界の第一線で活躍中の講師陣による,実践的な講座を開講しています。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する,PCを操作しながらの集中トレーニングです。

また,各方面で活躍中のクリエイターをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントも開催しています。学生割引もありますので,是非一度参加してみてください。

URL:http://67.org/ws/

コメント

コメントの記入