ロクナナワークショップ NEWS & REPORT

レポート「WordPress×ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリー」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2010年2月28日(日)⁠ロクナナワークショップWordPress×ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリーを開催いたしました。

今回のイベントは,既にWordPressを使ってCMSを構築したことがある中級者の方を対象としており,ターゲットが絞られていましたが,海外からの豪華ゲストということで満席での開催となりました。

会場の様子

会場の様子

イベントは,全4セッションで構成されており,専用のツイッター ハッシュタグ #wp67を作成し会場よりリアルタイムに質問を受け付けるなど,来場者参加型の注目の回となりました。

一部のセッションの様子を,ロクナナワークショップイベントサイトにて,映像で公開しています。

WordPress活用と参加のためのヒント

1人目の登壇者は,WordPress.comを運営するAutomattic社のハピネス・エンジニア マクラケン直子氏だ。

WordPressを使ったユニークなサイト事例紹介に始まり,便利な拡張のしくみや,最近トレンドの高機能なテーマが紹介された。また,なかなかデザイナーには敷居が高く感じるWordPress オープンソースプロジェクトへの参加方法なども紹介された。詳しくは,セッション映像をみて欲しい。

http://event.67.org/?p=2013

画像

テーマ開発の裏側とディレクテッド・デザイン

2人目の登壇者は,Automattic社のデザイナーで,開発者 ノエル・ジャクソン氏だ。

このセッションでは,前半にノエル氏開発の「P2」テーマを例にあげ,Automattic社で頻繁に取り入れられているプロジェクトを進める1つの方法論 ⁠デザイン・イテレーション」が紹介された。

後半では,最近生まれつつあるコンセプト「ディレクテッド・デザイン」について紹介された。

映像レポートでは,前半「デザイン・イテレーション」の映像を紹介している。

http://event.67.org/?p=2013

画像

WordPressとデータポータビリティ

3人目の登壇者は,米国最大の雑誌出版社であるTime, Incにてチーフ WordPress コンサルタントとして働くネッド・ワトソン氏だ。また,飛び入り参加で,福岡からかけつけた株式会社ヌーラボ 橋本正徳(ハシモトマサノリ)氏も出演。

高山一登氏(左)⁠ネッド・ワトソン氏(中央)⁠橋本正徳氏(右)

高山一登氏(左),ネッド・ワトソン氏(中央),橋本正徳氏(右)

このセッションでは,WordPressのプラグインや面白い使い方を披露してくれる予定だったが,サーバーがダウンしてしまうなどのトラブルに見舞われ,とても残念な結果になった。予定していたデモは,追ってネッド氏より公開されるそうだ。

「会場のみんなに,是非WordPressを触って欲しかった!」と悔しがるネッド氏に,会場からは「がんばれー」と声援があがった。

また,ネッド氏の関西弁があまりにも上手ため,⁠何処で日本語を勉強したの?」と質問も続出。ネッド氏の人柄と熱意に,人気が急上昇したセッションだった。

ディスカッション:WordPress 3.0はどう変わる?

最後のセッションでは,登壇者と来場者全員による,今年春にリリースが予定されているWordPress 3.0についてのディスカッションが行われた。

高山一登氏(左)⁠マクラケン直子氏(中央左)⁠ネッド・ワトソン氏(中央右)⁠ノエル・ジャクソン氏(右)

高山一登氏(左),マクラケン直子氏(中央左),ネッド・ワトソン氏(中央右),ノエル・ジャクソン氏(右)

まずは直子氏より,WordPress MUとの統合によるマルチサイト対応など,WordPress 3.0の変更点が紹介された。ツイッターでは,来場者から様々な質問が寄せられ注目度の高さがうかがえた。

ツイッターのハッシュタグ #wp67 から,過去の質問や,実況が一覧できるので,是非確認して欲しい。

(2010/03/05 ロクナナワークショップ イベント運営事務局)

著者プロフィール

ロクナナワークショップ(ロクナナワークショップ)

アドビ認定トレーニングセンター ロクナナワークショップでは,Web業界の第一線で活躍中の講師陣による,実践的な講座を開講しています。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する,PCを操作しながらの集中トレーニングです。

また,各方面で活躍中のクリエイターをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントも開催しています。学生割引もありますので,是非一度参加してみてください。

URL:http://67.org/ws/

コメント

コメントの記入