インターネット広告とテクノロジーの行方

第4回 インターネット広告配信と測定の仕組み

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ユーザの特定方法

通常,会員制のウエブサイトであればログイン画面があり,ユーザIDとパスワードを入力して会員サイトのコンテンツへログインします。この場合はユーザIDがわかりますので,ユーザを特定することができます。

しかし,会員制でないサイトや,ログイン前のユーザをどうやって特定するのでしょう? それにはクッキーという仕組みを利用します(PCサイトの場合⁠⁠。

クッキーはHTTPプロコトルでサポートされている機能です。

もともと,HTTPは単純なリクエストとレスポンスの組み合わせだけで構成されるプロトコルです。

つまり,1回の通信のみで閉じており,次回の通信は前回の結果と関係を持ちません。

このような通信を「ステートレス(Stateless⁠⁠」な通信と呼びます。

このため,トランザクション・アプリケーションのように複数の通信を束ねて,1つの処理を完結しなくてはならない処理などの場合には,クッキーを使います。

Cookie

Cookie

最初のアクセスではブラウザはクッキーを持っていませんので,クッキーなしでウエブサーバに要求が実行されます。ウエブサーバは新規にクッキーにユーザを識別する値を作成して,ブラウザにクッキーを付加して応答します。 2回目以降のブラウザからウエブサーバの要求にはクッキーが付加されます。

このような仕組みにより,ウエブサーバは同一ユーザであることを識別できるのです。クッキーには指定した期間内有効な永続タイプとブラウザを閉じると消滅するセッションクッキーがあります。

広告配信では一般的に14日以上の有効期間をもった永続タイプのクッキーを利用します。

クッキーの仕組みはブラウザの設定によっても変動します。

ブラウザの種類や設定,PC側のセキュリティソフトの設定によってはクッキーを受け付けないようにしたり,ブラウザを終了させると毎回クッキーを削除することが可能ですが,その場合は,上記の仕組みは有効になりません。また,クッキーはブラウザ依存ですので,利用者がブラウザを変更した場合や,会社と自宅では別ユーザとなります。

クッキーが利用可能でないと利用できないウエブサイトもあることからほとんどのブラウザの標準の設定はクッキーを許可しています。したがって,100パーセント正確とはいえませんが,現在のインターネット技術で利用者を一意に識別するためには最もベストな方法です。

携帯サイトの場合

携帯サイトの場合はすべての携帯端末でクッキーが利用可能ではありません。特にdocomo端末ではほとんどクッキーが使えません。

携帯サイトの場合,セッションの管理はURLにセッション情報(ID)を埋め込む方法が採用されていますが, ユーザを識別するには以下のようなアプローチが必要です。

1) docomo

公式サイトであれば,URLパラメータに特定の値を入れておけばdocomo側でユニークなIDに変換してくれます。また公式サイトでなくても,iモードIDを利用すると同様のことが行えます。ただし,両方の方法とも,HTTPSで暗号化されている場合はこの方法は使えません。

したがって,セッションIDをURLへ埋め込むなど,ウエブアプリケーション側で工夫が必要です。別の方法でutn(FORMによる送信時に個体識別情報を送信する方法)がありますが,確認画面が携帯端末に表示される,すべてのDoCoMo端末で利用できるわけではないことから利用しているサイトは少ないと思われます。

2) KDDI

HTTPヘッダ内に携帯端末を識別する値が入ってきますので,これを利用します。ただし,端末の設定によっては付加されないことがあります。

3) SoftBank

HTTPヘッダ,User-Agentに携帯端末を識別する値が入ってきますので,これを利用します。ただし,端末の設定によっては付加されないことがあります。

つぎは配信と測定の仕組みを説明しましょう。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/