The Analytics──誰のためのWebアクセス解析か?

第2回 解析ツールを選ぶ前に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

昨日の矢島のアドバイスは助かった。大学卒業後,なんとなくで仕事をしていた自分とは違い,それなりのプロフェッショナルな感じもあった。まったく差をつけられたものである。とりあえず,出社後にお礼のメールを書いておいた。

さて,とりあえず昨日の矢島の話で,Web解析ツールが必要だということがわかった。まずは現状入れているのかを調べておく必要があるだろう。佐伯さんに聞いてみることにした。

「Web解析ツール?そんなものは入れてないと思うわよ。あっ,でも以前はよく部長のところに営業の電話が掛かってきてたわよ。」

なるほど,とりあえず入れていないようである。ただ,部長が営業の電話を受けていたというのであれば,部長にも聞いておいた方が良いだろう。

「あ,なんかたまに営業の電話がかかってくるなぁ。でも言っていることがよくわからなかったから,適当に断ってちゃってたよ。」

ある意味予想はついていた返答だった。逆にその予想通りの答えにびっくりなぐらいだ。ということで,とりあえず自分のやるべきことは決まった。まずはWeb解析ツールの導入準備である。

まず検索して出てきた最初の数社に電話をかけて,説明を聞かせてもらうことにした。

選定する条件の整理

いくつか話を聞いたところ,導入にあたっては何点か項目を整理しておいた方が良いことがわかった。

  • サイト規模はどのくらいか?(ページビュー数?)
  • サイトの目的は何か?
  • 何を計測するのか?
  • システム的な制約はあるか?
  • 予算はどのくらいか?

大きくはこのあたりを整理しておけば良いだろう。まずはサイトの規模である。ツールによってはページビュー単位で加算されるものもあるようで,規模を知っておくことは重要なようである。

ツールをすでに入れていればすぐにわかるものの,そこまでするほどのことでもない。さて,どうするか……。

佐伯さんに相談すると,システム担当の人間を紹介してくれた。システムの人間であれば,サーバの保守運用を行っているので,おおよその規模は知っているだろうとのことだ。

連絡をとってみたところ,調べてメールで連絡しますとのことだった。実際にものの10分程度で返答があった。普段はなんだか横文字ばかり並べて喋るので取っ付きにくいところもあるが,こういった対応の速さは見習いたいものである。

さて,おおよその規模はわかったので,次はサイトの目的である。うちのサイトの場合,これは非常に簡単である。サイトでの売り上げ向上だ。サイトの種類によっては,もっと複雑になる場合もあるようだ。

何を計測したいのか?これは非常に難しい問題である。数社聞いた中でも,この部分を確認してくる会社が多かったが,そもそも「何が計測できるのかがわからない」のである。ということで一旦置いておくことにした。

次にシステム的な制約である。これもよくわからなかったので,先ほどのシステムの人間に確認をとってみることにした。

「あ,最近ちょっとサーバが増えてしまっているんで,社内で管理するタイプはちょっと…。」

どうもASPサービスのものを利用してもらいたいとのことだった。ただ,他の要件との兼ね合いもあるだろうということで,次のベンダとの打ち合わせに呼んでくれれば出席してくるとのことだった。

これもどうにかクリアである。

著者プロフィール

安西敬介(あんざいけいすけ)

大手Eコマースサイトにおいて、システムエンジニア、コンテンツディレクターを経て、マーケティング戦略の支援や、Webサイトの分析を行う。

URLhttp://an-k.jp/blog/


松田恵利子(まつだえりこ)

ダブルクリック株式会社 アナリティクス事業部

WEBサイト制作・開発,Webディレクター,モバイル向けマーケティングツール事業の立ち上げを経て,2005年ダブルクリックに入社。さまざまな企業へのアクセス解析ツールの導入を担当する。現在は,アクセス解析チームを取りまとめる一方,Webマーケティングサービスの事業開発を行う。

URLhttp://www.doubleclick.ne.jp/

コメント

コメントの記入