The Analytics──誰のためのWebアクセス解析か?

第5回 直帰率からはじめるサイトの改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

直帰率を改善する

実際に矢島から教えてもらった直帰率改善指標を利用して,直帰率の改善をした方が良さそうなページを洗い出してみた。

実際に上から何ページかを確認してみたが,いったい何を改善したら良いのかわからない。とはいえ,そうそう矢島に助けを乞うてもしかたがない。たまには自分で考えてみよう。とりあえず目についた1番上位のページから考えてみることにした。

まずはお客様の気持ちになってみることにしてみた。このページへはいくつかのバナー広告から入ってきているはずである。柏木さんからもらったデータを確認してみると,2つのバナーで出稿していたようだ。

それぞれのバナーの実績はこうだ

表1

 インプレッションクリック直帰数
バナーA 10000 500 200
バナーB 800 500 300

これだけ見てもなんだかよくわからないので,とりあえず数字を計算してみることにした。まずはインプレッション数のうちクリックした割合を計算することにした(後でこれはクリックスルー率:CTRと呼ばれていることがわかった)⁠

表2

 インプレッションクリックCTR
バナーA 10000 200 20%
バナーB 800 500 62.5%

これで見る限りバナーBの方が好調のようである。次にバナーごとの直帰率を計算してみることにした。

表3

 クリック直帰数直帰率
バナーA 500 200 40%
バナーB 500 300 60%

直帰率で見るとバナーAよりもバナーBの方が直帰率が明らかに高い。つまりクリック率で見るとバナーBの方が良く,直帰率で見るとバナーAの方が良いのである。

よくわからなくなってしまったので,実際に入稿していたバナーを見せてもらった。バナーAの方は「急げ!売り切れるっ!」と書かれている。バナーBの方は「この便利グッズはみんなには内緒!?」と書かれている。

またすごいバナーだなぁと思いつつ,リンク先のページも確認してみた(これはランディングページというらしい)⁠

ページにはいろいろなお勧め商品が掲載されていて,その中にいくつか便利グッズもある。しかし,⁠便利グッズ」という単語はどこにもなく,バナーBを見た後だったので,少しの間探してしまった。

つまり,バナーで「便利グッズ」と書かれているから,それを期待してページにやってきたのに,その単語が見つからずに直帰してしまったのかもしれない。

とりあえず柏木さんに頼んで,このランディングページの上のほうに「便利グッズ」という文字を追加してもらうことにした。長い道のりだったが,おそらく直帰率を改善していくというのはこういうことなのだろう。

夜は矢島と約束をして,飲みながら今日のことを報告することにした。

お客様の気持ちになって…

お客様の気持ちになって…

永遠に続くサイトの改善

今日あったことを一通り説明すると,矢島は「がんばったな」と一言。そしてビールを左手に持ち続けながら,いつものように説明が始まった。

「ランディングページでの直帰率を高くしてしまっている原因はいくつかあるんだ。設定的な原因は以前に話したから今日はいいな。大きくは…3つある」

「1つめが流入するきっかけとなった単語がランディングページに存在していない場合だ。これは今回のお前の対応がまさにそうだ」

グビっと一口ビールを飲む。

「2つめがランディングページに来たものの,次へのリンクがなかったり,わかりにくかったりする場合だ。せっかく次に進もうとしても,リンクが見つからなければ先には進めないよな」

ここでも一口。

「3つめがそもそもバナーを出していたページと誘導したいセグメントが違う場合だ。今回のケースでいけば,もう少し調べないとわからないが,クリック率の低かったバナーAはその可能性もある」

ここでさらにグビっと飲んで手に持っていたジョッキを飲み干してしまった。そしてもう1杯頼む。

「これら3つの理由をツールの数字と仮説を考えながら詰めていくんだ。あとはテストをしながら実際に仮説を検証していく。そういえば,今日の対応はちゃんと後で検証しろよ。でないと対応の意味がない」

確かに実際の対応については検証をしないと意味がない。明日,柏木さんにも入れ替えた後の数字をもらえるよう頼んでおこう。しかし,検証結果も数字で知ることができるアクセス解析はやはりすばらしい。

そんな事を考えながら,自分も一気にビールを流し込みジョッキが空いた。

つづく

著者プロフィール

安西敬介(あんざいけいすけ)

大手Eコマースサイトにおいて、システムエンジニア、コンテンツディレクターを経て、マーケティング戦略の支援や、Webサイトの分析を行う。

URLhttp://an-k.jp/blog/


松田恵利子(まつだえりこ)

ダブルクリック株式会社 アナリティクス事業部

WEBサイト制作・開発,Webディレクター,モバイル向けマーケティングツール事業の立ち上げを経て,2005年ダブルクリックに入社。さまざまな企業へのアクセス解析ツールの導入を担当する。現在は,アクセス解析チームを取りまとめる一方,Webマーケティングサービスの事業開発を行う。

URLhttp://www.doubleclick.ne.jp/

コメント

コメントの記入