未来のサービスを作る基礎技術

第4回 「脳波」を真剣に科学してみる―開発編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

前回は,Androidアプリケーションを開発する際に必要な環境構築方法について説明しました。今回は,実際にアプリケーションを開発していきます。Android用のDeveloper Toolを利用して,脳波データを取得するサンプルとして,脳波データをグラフで表示するアプリケーションを開発します。

図1 アプリケーション画面

図1 アプリケーション画面

Developer Toolsをダウンロードする

NeroSky社からAndroid用のDeveloper Toolsが無料で提供されていますので,こちらからダウンロードします。

図2 NeuroSky社から提供されているDeveloper Toolsの画面

図2 NeuroSky社から提供されているDeveloper Toolsの画面

[Add to Cart]をクリックします。

注)Developer Toolsは無料で利用できますが,利用する前にメールアドレスや本人情報の入力が必要になります。

ダウンロードが完了したら,ファイルを解凍して中身を確認します。ファイルは,以下のような構成になっています。

ThinkGear.jarDeveloper Tool本体
api_docThinkGear.jarのAPIドキュメント(Javadoc)
android_development_guide.pdf利用ガイド
srcDeveloper Toolsのサンプルソース(HelloEEG)

Android Projectの構築を行う

前回構築したEclipseの環境を利用して,Android Projectを構築しましょう。こちらからProjectファイルをダウンロードして解凍します。解凍したディレクトリを見ると,以下のような構成になっています。

図3 解凍したファイルのディレクトリ構成

図3 解凍したファイルのディレクトリ構成

主なファイルとディレクトリは次のとおりです。

AndroidManifest.xmlアプリケーションを構築する際に必要な情報を定義しています
srcディレクトリJavaのプログラムが格納するディレクトリです
resディレクトリ画像ファイルや画面のレイアウト定義などのリソースファイルを管理するディレクトリです
libsディレクトリ外部のjarファイルを格納するディレクトリです。

Projectをインポートする

解凍したAndroidのプロジェクトファイルを,インポートして実際に中身を見ていきます。

図4 ⁠ファイル][インポート][Android]を選択

図4 [ファイル]>[インポート]>[Android]を選択

Androidのフォルダから,Existing Android Code Into Workspaceを選択して,⁠次へ]をクリックします。

図5 Existing Android Code Into Workspaceダイアログ

図5 Existing Android Code Into Workspaceダイアログ

Existing Android Code Into Workspaceダイアログが表示されるので,⁠参照]をクリック後,先ほど解凍したディレクトリを選択して[次へ]をクリックします。

図6 プロジェクトが追加

図6 プロジェクトが追加

プロジェクトエクスプローラーの画面に「mainActivity」が追加されたら,プロジェクトのインポートに成功しています。

著者プロフィール

高林貴仁(たかばやしたかひと)

2011年9月入社。リクルートでは,Hadoop関連の業務に携わる。2012年4月より,ATL(アドバンスドテクノロジーラボ)配属。脳波を利用したアプリケーションの開発や,Node.jsなどを利用したアプリケーション開発に携わる。

2012年10月から,リクルートテクノロジーズ)として,R&Dの業務に携わる。

Twitter:https://twitter.com/tatakaba

Facebook:https://facebook.com/tatakaba

注)リクルート MIT Unitedは,2012年10月1日の分社化に伴い,リクルートテクノロジーズという機能会社に生まれ変わりました。詳しくはコチラをご覧ください。

コメント

  • この特集は、雑誌、書籍に掲載されたものはありますか?

    ネット検索していると、非常に興味深い記事(この特集)に出会いました。

    この特集(「脳波」を真剣に科学してみる)は、御社の雑誌あるいは書籍に掲載されたものはありますでしょうか?また、そのご予定はございますでしょうか?

    このような質問をここから投稿することが妥当かどうかわかりませんでしたが、手元に購入したく、投稿させていただきました。

    ご回答のほど何卒よろしくお願いいたします。
    ---
    over

    Commented : #1  野村国彦 (2014/04/25, 15:00)

コメントの記入