Web制作者が知っておきたい オープンソースアプリ&クラウドでのWeb構築の心得

第3回 Windows Developer Daysレポート――デバイスや開発環境を超えた「Metroスタイル」の全貌とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

4月24日と25日の2日間,東京都内において「Windows Developer Days」が開催されました。アプリケーション開発者を対象とした本イベントでは,Windows 8に採用される「Metroスタイル」プラットフォームの詳細を紹介するとともに,アプリケーション開発における実践的な80以上のセッションが行われました。今回は基調講演の内容について紹介します。

強固な基盤の上に構築された「妥協のないOS」

4月24日と25日の2日間,東京都内において「Windows Developer Days」が開催されました。アプリケーション開発者を対象とした本イベントでは,Windows 8に採用される「Metroスタイル」プラットフォームの詳細を紹介するとともに,アプリケーション開発における実践的な80以上のセッションが行われました。

また,両日ともに基調講演も行われ,新たな発表もありました。両日それぞれ2,000名以上が来場したといいます。今回は基調講演の内容についてレポートします。

イベントには2,000名を超える参加者が詰めかけました

イベントには2,000名を超える参加者が詰めかけました

24日には,マイクロソフトのWindowsおよびWindows Live担当プレジデントであるスティーブン・シノフスキー氏による「Windows 8 プラットフォームの可能性」が行われました。シノフスキー氏は,Windows 8を「Windowsの再創造(Reimagined)⁠と表現し,高速でなめらかな動作とデバイスを選ばない点,Windows 7をベースにしながら,より快適な環境を実現したと述べました。

さらにWindows 8の特徴として,アプリ,クラウド統合,Windowsストア,Internet Explorer 10,場所を選ばないこと,さまざまなデバイスで快適な動作,強固な基盤の上に構築された「妥協のないOS」であることを挙げました。

「Windows 8はWindowsの再創造として妥協のないOS」とシノフスキー氏

「Windows 8はWindowsの再創造として妥協のないOS」とシノフスキー氏

アプリ開発においては,Windows 8プラットフォームには「WinRT APIs」をシステムレベルのサービスとして配置されており,さまざまな機能を容易に呼び出せることはもちろん,x86およびARMでも実行でき,CやC+,C#,VB,JavaScriptなど自分の好きなツールや言語で開発できることを強調しました。これによって,他のデバイス用に開発したアプリの移植も容易になっているといいます。また,OSそのものの堅牢性に加え,アプリコンテナを分離することでセキュリティ機能を組み込めることも重要なポイントとしました。

Windows 8プラットフォームのアーキテクチャ

Windows 8プラットフォームのアーキテクチャ

さらにアプリの展開に有効な「Windowsストア」も紹介。アップルの「App Store」やGoogleの「Google Play」のように,開発者がアプリを提供するプロセスがオープン化されており,柔軟なビジネスモデルに対応することやきめ細かい分析機能によって開発収益の最大化を可能にするのです。

最後にシノフスキー氏は,Windowsの潜在市場について紹介しました。日本でも世界規模でも,Windows OS搭載機(Windows Phoneを除く)はWindows以外の合計よりも多いことを挙げ,Windows向けアプリ開発の有効性を強調。今から準備を進めておくことで大きなチャンスになるとしました。

そして「日本に来ることは大好き。ビッグニュースの発表も好き」と述べ,6月の第一週にWindows 8のRelease Previewがリリースされることを発表しました。

Windowsアプリの潜在市場は圧倒的

Windowsアプリの潜在市場は圧倒的

新機能を満載しながら互換性も維持

基調講演では,日本マイクロソフトのディレクターである藤本恭史氏も登場し,さまざまなデモを行いました。藤本氏は「Windows 8によってデバイスがより近しい存在になる」として,地下鉄の窓をイメージしたというMetroの機能について紹介しました。ここでは画面の特定の3箇所に点や線,円を描くことでロックを解除できる機能や,スタート画面の「タイル」にバックグラウンドで得られたアプリの更新情報が表示されること,解像度に依存しないスタート画面,チャームやIE10といった基本的なアプリの紹介,Windows 8上でWindows 7のアプリケーションを動作できる「デスクトップモード」⁠ストアやゲームのデモなどを行いました。

特に注目を集めたのは,USBメモリにWindows 8にユーザー情報を記録することで,Windows 7がインストールされたPC上に自分のWindows 8環境を起動できる「Windows To Go」という機能でした。USBメモリを抜くとPCはロックされ,PC上に自分のデータが残ることもないのです。藤本氏は,⁠新しい発見がたくさんあるので,ぜひ触ってみて欲しい」とまとめました。

Windows 7 PC上に自分のWindows 8環境を起動できる「Windows To Go」

Windows 7 PC上に自分のWindows 8環境を起動できる「Windows To Go」

コメント

コメントの記入