ネットだから気をつけたい! 著作権の基礎知識

最終回 「フェアユース」がもたらす未来は何処に?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「フェアユース」は"万能薬"ではない

このように多くの注目を集めている「⁠日本版)フェアユース」規定ですが,導入後にどれだけの効果を上げられるか,ということについては,まだまだ未知数の部分が多いといえます。

なぜなら「フェアユース」規定が漠然とした文言で規定されることになれば,これまで懸念されてきた法的安定性の欠如(裁判所で判断を仰ぐまで,著作権侵害になるかどうかがはっきりしない)は全く解消されませんし,逆に,⁠フェアユース」に該当する要件を具体的に細かく定める,ということになれば,これまでの「個別列挙」方式と大差ない,ということになってしまいます。

識者の中には,

これまで裁判所で「著作権侵害」とされていた番組転送サービスのような著作物の利用形態も「フェアユース」規定によって"適法化"され,それによって新しいビジネスの道が開ける。

という柔軟な考え方を持っている方がいる一方で,著作権に関する国際条約やこれまでの裁判例等との整合性を意識する見地から,

「フェアユース」規定ができたといっても,従来「個別列挙」で例外とされていた内容を大きく超えた権利制限が直ちに認められることにはならない。

という見解も有力ですから,日本版)フェアユース」がどのような形で我が国の著作権のルールとして登場し,浸透していくのかは,蓋を開けてみるまで分からない,というのが正直なところだと思います。

また,仮に柔軟に解釈することが可能な規定が導入されたとしても,"裁判所に行くまで結果が分からない"という状況で,多様なステークホルダーを抱える大手のメーカーやプロバイダー等が果たして積極的にリスクを取りにいくことができるのか?という疑問も残ります。

"リスクを取ろうとしない"大企業の姿勢を批判するのは簡単ですが,著作権者との裁判で負けて自社のサービスが「違法」と認定されることになれば,メディアや株主から大きな批判を浴びる可能性がありますし(今の世の中では,背景事情をきちんと伝えることなく,"負ければ賊軍"的なステレオタイプな批判・報道が大勢を占めることが多いのが実情です)⁠著作権による差止めが認められることになれば,自社のサービスを利用していた顧客にも多大な迷惑をかけることになります。

その意味で,個人ユーザーであればともかく,自社の業務・事業目的で不特定多数の著作物を大量に扱うビジネスユーザーが「フェアユース」規定に過大な期待を寄せるのは禁物であり,これからの議論の過程や導入後の状況如何によって,

安易に「フェアユース」規定に頼るより,迅速な立法によって「個別列挙」規定を充実させていった方が良い。

という声が出てくる可能性は十分にあるといえるでしょう。

さらに,⁠フェアユース」規定の行方を考える上では,我が国独特の「⁠強い)著作者人格権」の存在も意識しなければなりません(著作者人格権については第5回参照)⁠

以前,⁠引用」に関して説明した際にもご紹介したように第3回参照)⁠現在の著作権法には,⁠個別列挙」された権利制限規定について,これが「著作者人格権に影響を及ぼすものと解釈してはならない」(著作権法第50条)というルールが設けられていますから,このまま行けば,同様に(包括的な)権利制限規定として位置付けられる「⁠日本版)フェアユース」規定についても,同様のルールがあてはめられることになるでしょう。

そうすると,せっかく「フェアユース」規定によって,⁠著作権」⁠複製権,演奏権,公衆送信権等々)との抵触を避けられるようになったとしても,「著作者人格権」というより手ごわい権利によって,ユーザー側の著作物の利用に支障が出る可能性は大いにあるといえます。

著作者人格権の中でも特に,⁠著作者の意に反する改変」を禁じる「同一性保持権」との関係が難しい問題になってきます。様々なコンテンツ(著作物)のデジタル化が進んだ今,事業者が提供するサービスの過程で,あるいは,個々のユーザーの利用の過程で,元のコンテンツに対して何らかの加工がなされることも良くあるわけで(最近では,検索サイトによる画像の「サムネイル」化やオークションサイト上で商品画像の一部を強調する行為などが,よく議論の俎上に上げられています)⁠⁠フェアユース」規定によって著作権の行為が制限されるようになることによって,逆に著作者人格権(同一性保持権)侵害の問題がクローズアップされるようになる可能性は否定できません。

「フェアユース」規定の本来の趣旨を達成するためには,⁠やむを得ないと認められる改変」の範囲をこれまでより広く解釈するようにするなど,著作者人格権に関する規定(及びその解釈)も含めて見直す必要があると思われますが,著作者人格権が,⁠著作者のこだわり」という,合理的な理屈では説明しづらいものを保護する権利だということもあって,一朝一夕に解決するのは難しいように思われます。 

我が国のような「⁠強い)著作者人格権」的な規定を持たない米国では一定の効果を発揮している(この点についても,様々な見方があるところですが・・)⁠フェアユース」規定も,土俵が異なれば効果が十分に発揮できなくなる,ということはありうるわけで,今後の議論の中でも,このあたりの"我が国特有の事情"に配慮した冷静な視点が必要になってくるのではないかと思います。

おわりに

以上,⁠フェアユース」導入に向けた,期待半分,不安半分,といった状況をご説明したところで,この連載も終わりとなります。

奥が深い著作権のルール&著作権をめぐる実務の有様を,限られた回数の中で語り尽くす,という作業は,自分にはちょっと荷が重かったのも事実で,連載の中で取り上げることができなかったトピックの中にも,実務的な重要な素材はたくさん残されていたように思いますが,それでも,この連載を通じて,⁠著作権」に関心を持った,あるいは,違った切り口から「著作権」の世界を見るようになった,という方が少しでもいらっしゃるのであれば,自分としては嬉しい限りです。

最後になりましたが,この半年とちょっとの間,拙い連載をご覧いただき,ブックマークやコメントを寄せてくださった読者の皆様に,厚く御礼申し上げたいと思います。

このような連載を持たせていただく機会は当分ないでしょうが(苦笑)⁠また,いつかどこかで皆様のお目に触れていただく機会が来ることを願って・

ご愛読ありがとうございました。

著者プロフィール

企業法務戦士F-JEY(きぎょうほうむせんし・えふじぇい)

199×年,都内某企業入社。以来,法務部署で禄を食む日々を送る。ここ数年はもっぱら知的財産絡みの仕事に従事。最近,周りから「そろそろ飽きただろう」と言われることも多いが,技術もビジネススキームも日々進化するこの世界,当分お腹いっぱいにはなりそうもない。

2005年以降,ブログ「企業法務戦士の雑感」をささやかに更新中。

コメント

コメントの記入