クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第1回 桜を描こう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

春です。桜の季節がやってきました。春は卒業・入学,人事異動,出会いと別れの季節でもあります。桜の花のグリーティングカードを作って大切な人へ送ってみませんか。

第1回はカードのデザインに使うをAdobe Illustratorを使って描いてみます。一般的な技法を使って作っていきますので,ベクター系のドローツール(ベジェ曲線を扱うことのできるアプリケーション)であればIllustratorでなくても,応用がきくと思います。

基本の桜を作りましょう

まず,基本となる桜の花を描きます。

  1. ペンツールを使って花びらの片側を描きます。垂直線を引いておき,ガイドとして利用するとよいでしょう。

    画像

  2. ガイドを中心にリフレクト(反転)ツールで反転した複製を作り,重なり合ったポイントを連結します。

    画像

  3. 花びらの下部を中心にして回転ツールで複製します。角度「72°」を入力してコピーすると形が整います。

    画像

  4. これで,基本の形ができました。

    画像

  5. スターツールで花の中心から輪郭まで星形を描きます。

    画像

  6. 個々のポイントを別選択できるダイレクト選択ツールで中心寄りのポイント5つを選択し,[平均化]コマンドで平均化します。

    画像

  7. 選択したポイントが中央に収束されて,星形の放射線ができます。これで花びらの脈ができました。

    画像

  8. 「おしべ」を描きます。適当な太さの垂直線を引いて軸にします。その上端に楕円ツールで丸(花粉)を加えます。

    画像

  9. 軸と花粉をグループ化して,回転ツールで複製を作ります。この時も「360°÷描きたいおしべの数」で角度を入力して複製するのがよいでしょう。
  10. 軸を半分の長さにしたおしべをもうワンセット加えて,基本になる桜の花の出来上がりです。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入