クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第7回 クラフト・シー・ワールド(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

さあ,夏本番です。

みなさんのところの太陽も本気できばっていることでしょう。太陽がきばれば海だって黙っているわけにはいきません。大波小波のうねる中で,海の生き物たちが元気に動き始めます。元気な生き物たちを動き出しそうな(気持で)デザインしていきます。

画像

波を描きましょう

  1. まずは,舞台になる海原を描いていきます。
    直線を適当な長さで1本引いて,[Shift]キーなどを押したまま,平行に3本コピーします。これが,波になります。

    画像

  2. [フィルタ]メニュー→[パスの変形][ジグザグ]を選びます。

    画像

  3. [ジグザク]ダイアログボックスが表示されるので,[ポイント][なめらかに]ボタンと[プレビュー]ボタンにチェックを入れ,確認しながら大きさと折り返しの数値を調整します。

    画像

  4. 他の3本も同じやり方で変形します。
    作例では,上から下に行くに従って波の折り返しを増やし,大きさを小さくして,海原舞台の波頭を表現しています。

    画像

  5. 波頭ができました。

    画像

  6. それぞれ別レイヤーに分けて,名前をつけておきましょう。「レイヤー作ったときは名前をつける」,これを習慣づけることをおすすめします。

    画像

  7. 波頭をよく見ると,上の3本は両端で終わる位置が違っていることに気づきました。 同じ位置(両端の高さ)の方が気分がよいので,そろえることにします。

    画像

  8. 右端のポイントを選んで消去します。
    一番下の波頭の端に合わせてガイドラインを引いて,ガイドと端のポイントが重なるよう,横方向に全体を拡大してやります。

    作例では自由変形ツールを使っていますが,拡大縮小ツールを使うときは。支点を左のポイント上において,[Shift]キーを押したまま,右方向にドラッグします。

    画像

  9. はい,すっきりしました。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入