クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第8回 クラフト・シー・ワールド(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

お待たせしました。海原舞台で活躍するキャストたちの登場です。

全員の描き方を図解していると,今回も長くなりすぎて,クラフトが先送りになってしまいますから,ピックアップして解説します。他のものついてはアートワークをのせておきますので,描画の参考にしてください。

クジラの親子を描きましょう

  1. 黒い●(黒じゃなくてもいいですよ)をひとつ描きます。

    画像
  2. 真ん中あたりをとおる直線をひきます。直線を使って,[パスファインダ][分割]で分割します。

  3. 画像 画像 画像
  4. 円の端のポイントを支点にして,上部の円を回転させます。これが尾っぽになります。

    画像
  5. 尾っぽの半円オブジェクトを縮小し,リフレクトツールで片割れを複製します。これで尾っぽができました。

    画像
  6. 胴体部分の半円を複製して,上部に移動し,線あり塗りなしのラインに変更して,右下の弧の適当な位置にポイントを追加したら,ハンドルを使って,下図のような感じにパスを変形します。

    画像
  7. [パスファインダー][分割]でオブジェクトを分割したら,下部のオブジェクトの色を塗り替えてお腹を表現します。

    画像
  8. 尾っぽパーツを複製,拡大縮小,回転をかけ,背びれ,胸びれを加え,楕円ツールで口のまわりのイボイボと目玉をかいたら,お母さんクジラの出来上がりです。

    画像
  9. 出来上がったのですが,やっぱりクジラにつきものの潮吹きがほしいということで,尾っぽパーツをさらに複製。水色に変更してまた複製します。

    画像
  10. [パスファインダ][形状エリアから前面オブジェクトで型抜き]で型抜きします。
    リフレクトコピーして,楕円を加えれば,潮吹きクジラになりました。

  11. 画像 画像 画像
  12. お母さんクジラレイヤーを複製して,子クジラを作ります。全体に縮小をかけるだけでも構いませんが,胴体と尾っぽや胸びれの比率をいじってやると,よりかわいらしい子クジラが生まれます。
    かわいくなれ,かわいくなれと念じながら描いてやってください。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入