クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第15回 『ねえねえ子の年賀状』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

毎年ぎりぎりになってアセアセとすすめる年賀状づくり。今年も例よって12月に入ってからの作業になりました。

みなさんと一緒に年賀状を作って,それを自分の年賀状にも使おうという一挙両得の企画でございます。お付き合いのほどをお願いします。

画像

ねずみの顔を描きましょう

  1. まずは下絵をスキャナで取り込んで,新規書類上に配置します。

    画像

    青い線はガイドで,はがきサイズです。

  2. 今回は円を使って描いていきます。

    それと,パーツごとに細かくレイヤーに分けていきますので,これを機会にレイヤーの使い方を覚えてください。

    画像

    最終的に版画にするために細かくパーツ分けしたのですが,結局最初のやり方ではうまく刷ることが出来ず,刷り方を変更したせいで,細かいパーツ分けはほとんど無意味になってしまったのです。が,レイヤー使いの練習になりますので当初の作業工程で進めます。
  3. この状態から[パスファインダ][刈り込み]などを使って切り出していきます。

    画像

  4. 赤い部分を削除します。黒い部分は合体させてあります。

    画像

  5. 顔の輪郭が出来ました。

    画像

  6. 余分なポイントを削除または平均化しておきましょう。

    画像

  7. レイヤー名を「顔」とつけて,「顔」レイヤーをコピー,コピーしたレイヤーのオブジェクトを縮小します。

    画像

    画像

    画像

  8. 「顔のコピー」レイヤーをさらに複製して「鼻」とつけましょう。

    レイヤーを増やす度に,わかりやすいレイヤー名をつける癖をつけておくと,複雑な作品の手直しなどの時重宝します。

    画像

  9. 「鼻」の赤い部分を分割,削除します。

    画像 画像 画像

  10. 「目」「目玉」をそれぞれ別レイヤーをつくって描き,「右耳」「左耳」も同様に。左耳はアンカーポイント切り替えツールで調整しました。

    画像 画像 画像

    画像

    画像

  11. 顔が出来上がりました。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入