クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第20回 『誰かに似てる?クルクル・コロコロ・コマネズミ(その2)』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

前回の似顔絵ネズミは上手にできたでしょうか。

ふだん,ドシンと居座って動かない人をモデルにすると今回のクラフト編がぐっと面白くなるかもしれません。

では,クルクルコロコロはじめます。

画像
PDF作例のダウンロード

作例は,A4サイズでプリントするように作ってあります。

PDF利用時のご注意
本サンプルデータは著作物であり,著作権は著作権者 杠聡にあります。営利目的・個人使用に関わらず,データの再配布や転載を禁じます。
本サンプルデータを使用した結果生じたいかなる直接的・間接的損害も,技術評論社,著者は,一切その責任を負いません。
以上の注意事項をご承諾いただいた上で,本サンプルデータをご利用願います。

ボディーのパーツを用意しましょう

今回のポイントはネズミのボディに仕込んだビー玉をクルクルコロコロ動きやすくすること,作例では直径18mm のビー玉を使っています。

全体のサイズは使用するビー玉で調整してください。

PDFを使うのならプリントアウト時に基本ビー玉18mmを100%として,拡大縮小してみてください。

ご自身でデザインした顔をはめ込むときの手順を説明しましょう。

  1. 楕円ツールで円を描き,コピーしながらセンターを基準に縮小(のりしろの折部分になります)します。

  2. もうひとつ同じ位置に重ねてコピーします。このとき、[コピーして編集][前面へコピー]を選びます。

    [フィルタ][パスの変形][ジグザグ]を選択します。[ジグザク]ダイアログで、「直線的に」を選択し、プレビューで確認しながら適用してやります。

    画像

  3. 出来上がったジグザグ・サークルを外周と折り線にあうよう,拡大縮小してみましょう。

    画像

    一度にあわないときは,ジグザグの凹凸のどちらかをあわせてから,もう片方のポイントをダイレクト選択ツールで、全て選択してから拡大縮小しましょう。

  4. 似顔絵ネズミの顔を図のように配置してやります。

    画像

  5. アートワークはこうなっています。

    三角部分が前回作ったネズミの顔です。

    画像

  6. 他のパーツも,下図のような感じで準備してください。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入