クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第21回 『ゴロゴロネコ(その1)』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

前回は干支のネズミくんに登場していただきました。

今回はそのネズミのせいで干支から外されてしまったネコの登場です。

画像

ネコの顔を描いてみましょう

前回のネズミと競演していただくために,三角をベースにしたデザインをおこしていきましょう。

  1. オブジェクトのポイントをきっちり合わせていきたいので,メニューバーから[表示][ポイントにスナップ]にチェックを入れておいてください。

    画像

  2. 多角形描画ツールでアートボード内をクリックして,ダイアログボックスを呼び出し,半径のボックスに仕上がりの正三角形の高さの半分の数値を,辺の数に3を入力します。

    今回あてはめている数値は,次回にゴロゴロネコの核になるパーツ『乾電池・単二』を基準に考えています。

    画像

  3. 描いた三角形を選択して,回転ツールで底辺のポイントをクリックしてダイアログボックスを呼び出し,-60度の角度でコピーします。

    画像

    画像

    画像

  4. 更にコピーを繰り返して3つの三角を作りましょう。 描き終わったら,3つすべてを選択して180度回転(または反転)させておいてください。

    画像

  5. 耳を描いていきます。

    端の三角を選択して,拡大縮小ツールで頂点に近い位置を基準にして縮小コピーします。コピーした三角の底辺と,センターの三角の辺同士が重なっているようにしてください。

    画像

  6. コピーした耳三角の頂点を上にドラッグして,耳をピンと立ててやりましょう。

    画像

    アンカーポイントの切り替えツールで丸みをつけてやります。これを底辺を基準点に縮小コピーします。

    画像 画像 画像

  7. センターの三角の頂点を基準にリフレクトツールで反転コピーします。

    画像 画像 画像

  8. 適当な位置に目になる正円をおいて,センターを基準に左右のみ縮小してコピーをとり,反転コピーして両目を描きましょう。

    画像 画像 画像

  9. 鼻になる楕円を描いて,下端のポイントを下に引っぱってネコらしい鼻に変形します。

  10. ペンツールで口の片側を描き(楕円ツールで描画したものの上端ポイントを削除してもOK),それを反転コピーします。

    画像 画像 画像

    中心のポイント2つを選んで連結します。ポイント同士が離れているようなら,平均化をかけておきましょう。

    画像

  11. さあこれで顔(ボディも一緒ですが)ができました。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入