クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第27回 『アニメーションをつくろう(その1)』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

暑い日が続きますね。

あまりに暑くて表に出られない。

そんな理由をつけてテレビでアニメ番組にかじりついているあなた,そして子供たち。

自分たちでアニメーションをつくって上映してみませんか。

アニメーションの仕組みもわかって,夏休みの自由研究にももってこいのクラフトです。

画像

今回はこんな円盤をアニメーションの上映機に使います(どう使うかは次回のお楽しみ)。必要なコマ数は12コマにしましょう

画像

12コマでどんなアニメーションにしようか,まずは,アニメーションの設計図になる絵コンテを描いていきます(専門家は絵コンテをきるといいます)。

上映機が円盤形をしていますね。ということは。これをクルクル回して上映するわけですから,アニメーションの内容も始まると終わりがつながったエンドレスな物が適しています。

画像

無理にオチをつけたりする必要はありません。踊りを踊っているカバとか,玉乗りを続けるネコ,手紙を食べっこしてしまうヤギさん,などなど,動作の繰り返しでOK。

ただし長方形のコマで考えてください。最初から三角形のコマで考えてもいいですよ。

キャラクターのトレースをしてみましょう

さあ,アニメーションの下準備はここまで。ここからキャラクター作りの実践です。

今回はIllustrator などで自由に描画するために避けて通れないベジェ曲線を使って描いていきましょう。方向線の扱いがめんどくさくて,投げてしまう人が多いのですが,なに,慣れてしまえば自由自在。

習うより慣れろです。アニメーションの完成を楽しみに,ひたすらトレースに励みましょう。

トレース用PDF作例のダウンロード

作例は,A4サイズでプリントするように作ってあります。

PDF利用時のご注意
本サンプルデータは著作物であり,著作権は著作権者 杠聡にあります。営利目的・個人使用に関わらず,データの再配布や転載を禁じます。
本サンプルデータを使用した結果生じたいかなる直接的・間接的損害も,技術評論社,著者は,一切その責任を負いません。
以上の注意事項をご承諾いただいた上で,本サンプルデータをご利用願います。
  1. トレース練習用の下絵を準備しました。まずはこれを使って練習しましょう。慣れてきたところでご自身がスケッチした物や写真を下絵にオリジナルのキャラクターを描いてみてください。

    画像

  2. [ファイル][配置]を選択して下絵を取り込みます。

    濃度を50%にしてありますから,テンプレートにチェックを入れても入れなくても構いません。

    画像 画像 画像

  3. 肩慣らしに,楕円ツールを使って顔の輪郭と目をトレースしましょう。

    大体の形に合わせて描画したら,回転ツールや拡大縮小ツール,自由変形ツールで下絵にあわせていきます。

    画像

  4. 今回は練習ということで,なるべく下絵にあわせてるように描いていきますが,普通に描くときは,下絵はあくまでも目安と考えて構いません。

    下絵のおかしいところを描きながら修正していく位でちょうど良いのです。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入